• Facebook Clean
  • Twitter Clean
  • Google+ Clean
© 2017 医療法人社団 彩明会 高崎デンタルクリニック All Rights Reserved.

酸蝕症について②

2019/03/20

 

こんにちは、高崎デンタルクリニックです^^

 

本日、群馬は20度を超える暖かさで気持ちがいいですね♬

春が過ごしやすくて大好きです!(^^)!

 

ですが、花粉対策はしっかりしたいですね💦

 

 

 

今日は酸蝕症と虫歯の違いについてお話していきます。

 

むし歯は、虫歯菌の出す酸によって歯が溶けていく病気です。

酸蝕症との決定的な違いは「被害の範囲」です。

 

 

虫歯は、磨き残したプラークの中に棲む虫歯菌が砂糖を食べ酸を出すことで起きます。

そのため起きる場合は限局的です。

 

 

一方、酸蝕症は酸が触れた歯面すべてで起きます。

 

つまり被害が広範囲になります。

軽度のものまで入れると国内の4人に一人の罹患率といわれています。

 

 

 

酸蝕症を防ぐためには「酸性飲食物の過剰摂取」をやめることです。

 

 

現代の食生活や生活習慣病と関わり深い病気です。

 

 

これを機に歯を溶かす習慣をやめ大切な歯を守っていきましょう。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

お知らせ
アーカイブ
Please reload

タグ