舌苔とは


こんにちは、高崎デンタルクリニックです(^^)/

今日は舌苔についてお話します。

舌苔とは舌につく汚れのことで、

細菌、唾液の成分、お口に残った食べかすの集合体です。

口腔内が唾液で潤っていて、よく動く舌は、

食べ物や歯、上あごなどとの適度な摩擦により、

その表面である粘膜が新陳代謝を繰り返すようにできています。

舌の表面は、健康な時にはピンク色をしていますが、

疲れた時や新陳代謝が上手にできない時などは、

舌に白っぽい色が付くことがあります。

それが舌苔です。

抵抗力が落ちている高齢者の方にとっては、

細菌が多く含まれている舌苔がたくさん付着していると

「誤嚥性肺炎」の危険性が高まってきます。

全身疾患の予防のためにも舌苔のケアは大切なのです。


閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは高崎デンタルクリニックです^^ 6月の日曜・木曜・祝日以外の休診日は 10(金) 24(金) となります。 ご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願い致します。 何かございましたら、お気軽にご連絡ください^^ 027-386-2232

こんにちは高崎デンタルクリニックです^^ あいうべ体操では、口元を中心とした さまざまな筋肉を鍛えることができますから、多くの効果が得られます。 ①口呼吸の予防・改善 通常、正しい舌の位置は、舌が上あごのくぼみ(硬口蓋:こうこうがい) にピッタリとくっついている状態です。 ところが、舌の筋肉が衰えると舌の位置が下がります。 これにより、下顎が下がって自然にぽかんと口が開きやすくなってしまうのです。