妊娠中の歯科レントゲンの影響について


こんにちは高崎デンタルクリニックです^^

秋がすぐに終わってしまいもうすっかり冬ですね。。

暖かい格好をして風邪を引かないようにしましょう(^^)/

今日は妊娠中の歯科のレントゲンの影響についてお伝えしますね。

歯科のレントゲン撮影の放射線量は・・

小さいレントゲン撮影(デンタル)約0.008ミリシーベルト

大きいレントゲン撮影(パノラマ)1枚0.1ミリシーベルトです。

日本に住んでいる人が1年間に浴びる自然放射線量は2.1ミリシーベルト。

デンタルの放射線量はその1/262 パノラマも1/210に過ぎません。

私たちは毎年デンタル262枚分の自然放射線量を浴びていることになります。

そこにデンタル1枚が加わったとしても262枚分が263枚分に増える程度です。

「50ミリシーベルト未満の放射線量であればお腹の赤ちゃんへの影響と被ばく量との間に関連は認められない」とされており、この基準と比べても歯科のレントゲンの放射線量がいかに少ないかご理解頂けるのかと思います。


5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

お口からはじめる感染予防

こんにちは!高崎デンタルクリニックです(^o^) 新型コロナウイルスが収束するにはまだまだ時間がかかりそうですね。 皆さんも気を付けてください(><)💦 今日はお口からはじめる感染症対策のお話をしていきます。 感染症の対策としては、 手洗い・うがい・マスクの装着、 そして栄養と休息などの体調管理ですよね。 これらに加え、防御力を増していくには、 実は歯みがきが大事なのです! 現在の研究で、危険な

診療前のガラガラうがい・検温のご協力をお願いします。

こんにちは!高崎デンタルクリニックです(^o^) 新型コロナウイルスの感染拡大の中、 当院では院内の消毒・換気・フェイスガードを 徹底して感染予防に取り組んでいます。 歯科は歯を削る機械や歯面の清掃の機械など エアロゾルが発生しやすい医療分野です。 無症状の患者さんが来院する可能性がゼロではないことを念頭に、 患者さん全員にポピドンヨード液などを使ったガラガラうがいを 診療前にしていただくよう呼び

1月の休診日のお知らせ

こんにちは、高崎デンタルクリニックです^^ 皆さま、新年あけましておめでとうございます。 今年もまた一年宜しくお願い致します。 コロナの影響もあり外出ができなく引きこもりがちだと思いますが 体調は大丈夫ですか? ゆっくり過ごせたでしょうか?!(^^)! 適度に運動や生活習慣を整えたいですね^^ 1月の休診日のお知らせです。 1/15(金)29日(金) となりますので宜しくお願い致します!!

  • Facebook Clean
  • Twitter Clean
  • Google+ Clean
© 2017 医療法人社団 彩明会 高崎デンタルクリニック All Rights Reserved.