妊婦さんと歯科治療


こんにちは、高崎デンタルクリニックです^^

今日は妊婦さんと歯科治療についてお伝えします。

▶妊娠初期(0~15週)・・・つわり等で歯磨き不足になり虫歯や歯周病になりやすいお口へ急激に変化してしまう時期です。…流産の危険性もある不安定な時期。痛みや炎症を止める応急処置にとどめ本格的な治療は安定期が産後に行います。

▶妊娠中期(16~27週)・・・安定期に入ります。産後まで治療を待てない場合、外科処置を含む一般的な歯科治療を受ける事ができます。

▶妊娠後期(28~39週)・・・仰向けでの受診が困難になります。チェアの背を少し立て短時間の応急処置にとどめる等、体調に合わせた治療計画を立ててもらいましょう。

お腹の赤ちゃんを気遣って受診を躊躇しているうちに悪化してしまったら大変です。

まずは歯科医院で相談をしましょう!!!!!


閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは高崎デンタルクリニックです^^ 6月の日曜・木曜・祝日以外の休診日は 10(金) 24(金) となります。 ご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願い致します。 何かございましたら、お気軽にご連絡ください^^ 027-386-2232

こんにちは高崎デンタルクリニックです^^ あいうべ体操では、口元を中心とした さまざまな筋肉を鍛えることができますから、多くの効果が得られます。 ①口呼吸の予防・改善 通常、正しい舌の位置は、舌が上あごのくぼみ(硬口蓋:こうこうがい) にピッタリとくっついている状態です。 ところが、舌の筋肉が衰えると舌の位置が下がります。 これにより、下顎が下がって自然にぽかんと口が開きやすくなってしまうのです。