歯ぐきを守るために気を付けること


こんにちは(#^^#)

高崎デンタルクリニックです。

前回は歯ぐきが下がる主な原因についてお話しました。今日はその対処方についてお話します。

〇日頃からブラッシングと健診を

丁寧な清掃を心がけることが大切です。

〇歯磨きは力を抜いてやさしく

歯ぐきを刺激し過ぎないように優しく磨きましょう。

〇歯ぎしりはマウスピースで対策を

睡眠時などに過度の力がかかるのを防ぎます。

〇歯並びが悪い場合は矯正を

歯並びが悪いと清掃が難しかったり、力がかかり過ぎることもあります。


閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは高崎デンタルクリニックです^^ 6月の日曜・木曜・祝日以外の休診日は 10(金) 24(金) となります。 ご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願い致します。 何かございましたら、お気軽にご連絡ください^^ 027-386-2232

こんにちは高崎デンタルクリニックです^^ あいうべ体操では、口元を中心とした さまざまな筋肉を鍛えることができますから、多くの効果が得られます。 ①口呼吸の予防・改善 通常、正しい舌の位置は、舌が上あごのくぼみ(硬口蓋:こうこうがい) にピッタリとくっついている状態です。 ところが、舌の筋肉が衰えると舌の位置が下がります。 これにより、下顎が下がって自然にぽかんと口が開きやすくなってしまうのです。