歯ぐきが下がる主な原因


こんにちは(#^^#)

高崎デンタルクリニックです。

今日は歯ぐきが下がる原因についてお話します。

歯ぐきが下がった状態を歯肉退縮(しにくたいしゅく)といいます。

【歯肉退縮の主な原因】

〇歯周病

進行すると歯を支えている骨(歯槽骨)が溶けて、歯ぐきも下がってくる。

〇オーバーブラッシング

間違った方法や強い力でブラッシングをすると歯ぐきに負担がかかり、歯ぐきが下がってくる。

〇歯ぎしりや食いしばり

歯に過度な力がかかると骨が溶けて歯ぐきが下がってくることがある。

〇歯並びが悪い

歯が磨きにくいため歯周病のリスクが高まります。

また、かみ合わせが悪くなり過度の力がかかりやすいので、歯ぐきが下がりやすくなります。

次回は「歯ぐきを守るために気をつけること」をお話します。


閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは高崎デンタルクリニックです^^ あいうべ体操では、口元を中心とした さまざまな筋肉を鍛えることができますから、多くの効果が得られます。 ①口呼吸の予防・改善 通常、正しい舌の位置は、舌が上あごのくぼみ(硬口蓋:こうこうがい) にピッタリとくっついている状態です。 ところが、舌の筋肉が衰えると舌の位置が下がります。 これにより、下顎が下がって自然にぽかんと口が開きやすくなってしまうのです。

こんにちは高崎デンタルクリニックです^^ あいうべ体操とは、舌の筋肉(舌筋:ぜっきん)をはじめ、 口元の筋肉が鍛えられる体操です。 口呼吸の改善によってさまざまな効果が得られるほか、 顔のたるみ・しわの改善による美容効果、 脳の血流をアップさせる効果など、多くの効果が得られます。 あいうべ体操は福岡市みらいクリニックの内科医である 今井一彰先生が考案した方法ですが、 お口の中の健康にも大きな効果が