電動歯ブラシでこんな使い方していませんか?


こんにちは!高崎デンタルクリニックです(^o^)

今日は電動歯ブラシをうまく使えていない方にありがちな

間違いをご紹介いたします。

磨くときに歯ブラシを動かしている

→高機能の電動歯ブラシは、手磨きの歯ブラシと同じように動かすと

歯や歯茎を傷めてしまいます。ブラシは歯面にあてるだけが基本です。

磨くときにブラシをおしつけている

→過度の力でおしつけると、①と同様に歯や歯茎にダメージを

与えてしまうことがあります。高機能の電動歯ブラシには、押しつけ過ぎを

知らせたり防止する機能がついているものもあります。

ブラシを交換していない

→今使っているブラシは毛束が開いていたりしませんか?

手磨き用の歯ブラシと同じように、電動歯ブラシのブラシヘッドも

定期的に交換しましょう。

ブラシヘッドを選んでいない

→うまく磨けない場所があるという場合は違うタイプの

ブラシヘッドに変えてみるのも有効です。

この4点に注意して電動歯ブラシを使ってみましょう!


閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは高崎デンタルクリニックです^^ あいうべ体操では、口元を中心とした さまざまな筋肉を鍛えることができますから、多くの効果が得られます。 ①口呼吸の予防・改善 通常、正しい舌の位置は、舌が上あごのくぼみ(硬口蓋:こうこうがい) にピッタリとくっついている状態です。 ところが、舌の筋肉が衰えると舌の位置が下がります。 これにより、下顎が下がって自然にぽかんと口が開きやすくなってしまうのです。

こんにちは高崎デンタルクリニックです^^ あいうべ体操とは、舌の筋肉(舌筋:ぜっきん)をはじめ、 口元の筋肉が鍛えられる体操です。 口呼吸の改善によってさまざまな効果が得られるほか、 顔のたるみ・しわの改善による美容効果、 脳の血流をアップさせる効果など、多くの効果が得られます。 あいうべ体操は福岡市みらいクリニックの内科医である 今井一彰先生が考案した方法ですが、 お口の中の健康にも大きな効果が