検索
  • takasakidental

フッ素配合歯みがき剤の効果的な使い方


こんにちは(#^^#)! 高崎デンタルクリニックです。

今日はフッ素配合歯みがき剤の使い方のポイントをお話します。

〈ポイント1〉 毎日使う。

食事ごとに溶けている歯を守るには、溶ける速さに勝る速さで補修をする事が大切です。

フッ素の力を借りるために毎日使いましょう。

〈ポイント2〉 寝る前が効果的。

フッ素はお口のなかに長くとどまるほど良く、就寝中は唾液が減るので、寝る前に使うとフッ素が

唾液に流されず、再石灰化の効果が上がりやすいです。

〈ポイント3〉 すすぎは1回。

せっかくフッ素配合歯みがき剤を使っても、すすいで捨ててしまっては十分な効果は期待できません。すすぎは最低限に、なるべく1回にとどめましょう。

〈ポイント4〉 水は少なめ。

すすぎに使う水は、おちょこ1杯分もあれば十分です。製品によっては、すすぎに使う水の量を紹介していますので、メーカーのサイトを参照してみて下さい。

〈ポイント5〉 使用量は適量で。

年齢ごとに使用量の基準が設けられています。たくさん使えばよいというものではありません。

◦6~14歳・・・1㎝

◦15歳以上・・・2㎝

※フッ素濃度1,000~1,500ppmFの歯みがき剤は6歳未満のお子さんには使用を控えましょう。


0回の閲覧
  • Facebook Clean
  • Twitter Clean
  • Google+ Clean
© 2017 医療法人社団 彩明会 高崎デンタルクリニック All Rights Reserved.