どういう人がむし歯になりやすい?


こんにちは、高崎デンタルクリニックです(^o^)

むし歯のなりやすさは、生活習慣など環境に左右されることがほとんどです。

人によってむし歯になるリスクは異なるので、

生活習慣を見直し、その人にあった予防が必要です。

では、どのような人がむし歯になりやすいのでしょうか?

食事をすると、むし歯菌が食事の中に入っている糖分を栄養にを出します。

そのが歯を溶かしているのです(*_*)!!

しかし、食後は唾液の力などにより、酸が中和され溶けた表面をもとに戻そうとする

再石灰化という作用がおきます。ただし、だらだらとお菓子やジュースを

食べたり飲んだりしていると、再石灰化をする時間がなく、歯に穴が開いて

むし歯になってしまうのです。

ですから、食べる時間をきめてだらだら食べにならないように注意しましょう!

食後に歯磨きができないときはキシリトールが入っているガムを噛むことも

おすすめです☆☆


閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは高崎デンタルクリニックです^^ 6月の日曜・木曜・祝日以外の休診日は 10(金) 24(金) となります。 ご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願い致します。 何かございましたら、お気軽にご連絡ください^^ 027-386-2232

こんにちは高崎デンタルクリニックです^^ あいうべ体操では、口元を中心とした さまざまな筋肉を鍛えることができますから、多くの効果が得られます。 ①口呼吸の予防・改善 通常、正しい舌の位置は、舌が上あごのくぼみ(硬口蓋:こうこうがい) にピッタリとくっついている状態です。 ところが、舌の筋肉が衰えると舌の位置が下がります。 これにより、下顎が下がって自然にぽかんと口が開きやすくなってしまうのです。