唾液のチカラを高める3カ条


こんにちは、高崎デンタルクリニックです。

前回は唾液のはたらきについてお伝えしましたが、

唾液が十分にはたらくには、お口のなかに、

ある程度の量がないといけません。

今日は質のよい唾液をたくさん出すためのポイントをお教えします。

【1】水分をとる

唾液は血液が姿を変えたものです。

血液のおおもとは水分ですので、唾液を増やすには、

何をおいても水分をとりましょう。

【2】よく噛んで食べる

噛めば噛むほど唾液腺が刺激され、唾液が出てきます。

食材を大きく切ったり、噛みごたえのある食品を選ぶなど、

咀嚼回数を増やす工夫も効果的です。

【3】噛めるお口を大切に

よく噛むために大切なことといえば、噛めるお口が維持されていること。

むし歯や歯周病があってはしっかり噛めませんし、

歯が抜けてしまったのなら、入れ歯やインプラントで

噛めるお口を取り戻しましょう。

治療がすんだ後も、定期的に歯科医院に通って、異常がないかを

チェックしてもらうのも大切ですよ。


閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは高崎デンタルクリニックです^^ 6月の日曜・木曜・祝日以外の休診日は 10(金) 24(金) となります。 ご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願い致します。 何かございましたら、お気軽にご連絡ください^^ 027-386-2232

こんにちは高崎デンタルクリニックです^^ あいうべ体操では、口元を中心とした さまざまな筋肉を鍛えることができますから、多くの効果が得られます。 ①口呼吸の予防・改善 通常、正しい舌の位置は、舌が上あごのくぼみ(硬口蓋:こうこうがい) にピッタリとくっついている状態です。 ところが、舌の筋肉が衰えると舌の位置が下がります。 これにより、下顎が下がって自然にぽかんと口が開きやすくなってしまうのです。