唾液のはたらき


こんにちは!高崎デンタルクリニックです(^^)/

今日は唾液のはたらきについてお話します。

ほとんどの人に「あるのが当たり前」の唾液。ですが、

お口の健康に欠かせない、たくさんの役割があるんです。

【お口について】

①お口を清潔に保つ

唾液には、食べかすや細菌を洗い流して、

お口を清潔に保つ自浄作用があります。

唾液が減り、お口の中が汚れがちになると細菌が繁殖しや

すくなり、むし歯や歯周病などにかかりやすくなります。

②お口の粘膜を守る

ネバネバ成分が粘膜を保護します。

唾液が減ると粘膜の潤いが減り、傷ついて口内炎などに

なりやすくなります。

③お口のなかを中性に戻す

お口の細菌が出す酸や、飲食物の酸により酸性に傾いた

お口のなかの㏗を、もとの中性に戻します。

④歯を補修する

唾液中に溶け出した歯の成分は、時間をかけて唾液から歯に

戻り、歯が補修されていきます(再石灰化)。

⑤細菌感染から守る

唾液の自浄作用と、唾液中のIgA(免疫グロブリンA)、

ラクトフェリンなどが、お口のなかの細菌の活動を抑制します。

【食事について】

⑥食べ物をまとめる

細かく噛み砕かれた食べ物をまとめて飲み込みやすくします。

⑦消化を助ける

唾液中のアミラーゼがデンプンを分解し、消化を助けます。

⑧味を感じさせる

食べ物の成分が唾液に溶けることで、味を感じやすくなります。

次回は質の良い唾液をたくさん出すための

ポイントをお教えします。(#^^#)♪


閲覧数:22回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは高崎デンタルクリニックです^^ 6月の日曜・木曜・祝日以外の休診日は 10(金) 24(金) となります。 ご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願い致します。 何かございましたら、お気軽にご連絡ください^^ 027-386-2232

こんにちは高崎デンタルクリニックです^^ あいうべ体操では、口元を中心とした さまざまな筋肉を鍛えることができますから、多くの効果が得られます。 ①口呼吸の予防・改善 通常、正しい舌の位置は、舌が上あごのくぼみ(硬口蓋:こうこうがい) にピッタリとくっついている状態です。 ところが、舌の筋肉が衰えると舌の位置が下がります。 これにより、下顎が下がって自然にぽかんと口が開きやすくなってしまうのです。