歯の気になる変色の原因は?


こんにちは、高崎デンタルクリニックです(^o^)

今日は歯の変色についてお話しますね。

歯の変色は、大きく「外因性」のものと「内因性」のものの二つに分かれます。

外因性の変色

外因性の変色は、むし歯や清掃不良、喫煙、色の濃い食べ物を

よく食べることなどが原因の変色です。

歯科医院で歯のクリーニングをするだけで汚れが落ちて

白くなったように見える事もあります。

内因性の変色

内因性の変色は、加齢、遺伝性や代謝性、歯への傷害など様々な要因で

歯の中が変色しているものです。

ホワイトニングの効果が出にくい色調

暖色系(赤やオレンジ、黄色っぽい色)の色は、比較的効果が出やすいといわれています。

寒色系(黒、グレー、青っぽい色)の色は、効果が出にくく、

歯に縞模様のような変色がある場合も効果が出にくくなります。


閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは高崎デンタルクリニックです^^ 6月の日曜・木曜・祝日以外の休診日は 10(金) 24(金) となります。 ご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願い致します。 何かございましたら、お気軽にご連絡ください^^ 027-386-2232

こんにちは高崎デンタルクリニックです^^ あいうべ体操では、口元を中心とした さまざまな筋肉を鍛えることができますから、多くの効果が得られます。 ①口呼吸の予防・改善 通常、正しい舌の位置は、舌が上あごのくぼみ(硬口蓋:こうこうがい) にピッタリとくっついている状態です。 ところが、舌の筋肉が衰えると舌の位置が下がります。 これにより、下顎が下がって自然にぽかんと口が開きやすくなってしまうのです。