歯ぎしりの影響と対策


こんにちは!高崎デンタルクリニックです(^^)!

今日は歯ぎしりの影響とその対策についてお話しします。

睡眠中の歯ぎしりは、日中に受けたストレスを発散し、

脳とからだを健康に保つ大切な行動です。

でも、時にはその強い力が歯をキズつけてしまう場合があるのです。

🦷歯ぎしりの影響🦷

○力のかかる場所にヒビが入ったり、楔状にかけたりする

 ➤汚れが溜まり、むし歯になりやすい。

 ➤知覚過敏の原因になる。

○すり減る

 ➤知覚過敏の原因になる。

○歯根の先が圧迫されて溶ける

 ➤歯髄炎を起こしやすい。

○顎の骨が過剰な力を受けて溶ける

 ➤歯周病の進行が加速しやすい。

○被せ物が割れたり、詰め物が取れる

 ➤隙間から細菌が侵入し、炎症が起きやすい。

🦷歯ぎしりの対策🦷

○噛み合わせを修正する

 ➤マウスピースを使用する。

 ➤矯正治療を受ける。

○習慣や癖を直す

 ➤睡眠の質を上げる。

 ➤生活習慣を見直す。

○自己暗示や心理療法

 ➤歯ぎしりが減るイメージトレーニングを行う。

歯ぎしりは放っておくとさまざまな症状を引き起こします。

自覚症状がある方、家族に指摘されるという方は、ぜひ

歯科クリニックで相談してみてください(^^)/


閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは高崎デンタルクリニックです^^ 6月の日曜・木曜・祝日以外の休診日は 10(金) 24(金) となります。 ご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願い致します。 何かございましたら、お気軽にご連絡ください^^ 027-386-2232

こんにちは高崎デンタルクリニックです^^ あいうべ体操では、口元を中心とした さまざまな筋肉を鍛えることができますから、多くの効果が得られます。 ①口呼吸の予防・改善 通常、正しい舌の位置は、舌が上あごのくぼみ(硬口蓋:こうこうがい) にピッタリとくっついている状態です。 ところが、舌の筋肉が衰えると舌の位置が下がります。 これにより、下顎が下がって自然にぽかんと口が開きやすくなってしまうのです。