酸蝕症について②


こんにちは、高崎デンタルクリニックです^^

本日、群馬は20度を超える暖かさで気持ちがいいですね♬

春が過ごしやすくて大好きです!(^^)!

ですが、花粉対策はしっかりしたいですね💦

今日は酸蝕症と虫歯の違いについてお話していきます。

むし歯は、虫歯菌の出す酸によって歯が溶けていく病気です。

酸蝕症との決定的な違いは「被害の範囲」です。

虫歯は、磨き残したプラークの中に棲む虫歯菌が砂糖を食べ酸を出すことで起きます。

そのため起きる場合は限局的です。

一方、酸蝕症は酸が触れた歯面すべてで起きます。

つまり被害が広範囲になります。

軽度のものまで入れると国内の4人に一人の罹患率といわれています。

酸蝕症を防ぐためには「酸性飲食物の過剰摂取」をやめることです。

現代の食生活や生活習慣病と関わり深い病気です。

これを機に歯を溶かす習慣をやめ大切な歯を守っていきましょう。


閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは高崎デンタルクリニックです^^ 12月の休診日は、木曜・日曜・祝日の他 2(金) 16(金) となります。 また、年末年始は 12/29(木)~1/5(木)まで お休みとさせていただきます。 ご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願い致します。 何かございましたら、お気軽にご連絡ください^^ 027-386-2232