入れ歯の必要性


こんにちは、高崎デンタルクリニックです(^^)/

抜けた歯をそのままにしている方はいませんか?

歯を抜けたままにしておくと、空いたスペースを埋めようとして、

両隣の歯が傾いてきたり、今まで噛み合っていた反対側の歯が伸

びてきて、噛み合わせのバランスが悪くなってしまいます。

このような状態にならない為にも、歯が1本でも無くなってしま

ったら、すぐにその部分を治療しなければなりません。

治療方法として「ブリッジ」「入れ歯」「インプラント」と3種

類に大別されますが、その中の「入れ歯」についてお話しします。

歯周病などで多くの歯を失った場合、入れ歯を装着することによ

り、口の機能を維持することが出来ます。

入れ歯を装着する目的には、

1.咀嚼(食べ物を噛む)できるようにする

2.発声を明瞭にする

3.顔貌(顔のつくり)を整える

などがあります。

入れ歯を装着し咀嚼機能を維持することは、健全な食生活を送る

ことにつながり、栄養の摂取だけでなくQOL(生活の質)の向上に

もつながるのです。


6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

歯石の種類について

こんにちは、高崎デンタルクリニックです^^ 体調など崩されていないでしょうか? コロナに負けないように、しっかり休んで免疫力を高めておきましょう!! お家で映画やゲーム、料理など楽しいことも見つけていきたいですね(^^)/ 今日は歯石の種類についてお話します。 歯石は「歯肉縁上歯石」と「歯肉縁下歯石」の2種類に分類されます。 歯肉縁上歯石は歯肉より上にある歯石で、白色あるいは黄色をしています。 歯

4月の休診日のお知らせ

こんにちは、高崎デンタルクリニックです^^ コロナ時期ではありますが桜は見られましたか? 群馬は風が強いので散るのが早いのが少し寂しいですね('_') 風邪やコロナに負けないように頑張りましょう! 4月の休診日は 4/9(金) 4/23(金) です!!! 何かご不明な点等ありましたらお気軽にお電話ください^^ 027-386-2232 高崎デンタルクリニック

歯石ができるメカニズム

こんにちは、高崎デンタルクリニックです^^ だんだんと春が近づいてきましたね~🌸 満開の桜が待ち遠しいですね(#^^#) 今日は歯石ができる仕組みについてお話しします。 歯石は歯垢が硬くなったものです。 歯に付着した歯垢が取り除かれず放置されると、唾液に含まれるカルシウム成分と 結びつきだんだんと硬くなってきます(石灰化)。 石灰化した歯垢が歯に強く結合することで歯石へと変化していきます。