入れ歯の必要性


こんにちは、高崎デンタルクリニックです(^^)/

抜けた歯をそのままにしている方はいませんか?

歯を抜けたままにしておくと、空いたスペースを埋めようとして、

両隣の歯が傾いてきたり、今まで噛み合っていた反対側の歯が伸

びてきて、噛み合わせのバランスが悪くなってしまいます。

このような状態にならない為にも、歯が1本でも無くなってしま

ったら、すぐにその部分を治療しなければなりません。

治療方法として「ブリッジ」「入れ歯」「インプラント」と3種

類に大別されますが、その中の「入れ歯」についてお話しします。

歯周病などで多くの歯を失った場合、入れ歯を装着することによ

り、口の機能を維持することが出来ます。

入れ歯を装着する目的には、

1.咀嚼(食べ物を噛む)できるようにする

2.発声を明瞭にする

3.顔貌(顔のつくり)を整える

などがあります。

入れ歯を装着し咀嚼機能を維持することは、健全な食生活を送る

ことにつながり、栄養の摂取だけでなくQOL(生活の質)の向上に

もつながるのです。


閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは高崎デンタルクリニックです^^ 6月の日曜・木曜・祝日以外の休診日は 10(金) 24(金) となります。 ご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願い致します。 何かございましたら、お気軽にご連絡ください^^ 027-386-2232

こんにちは高崎デンタルクリニックです^^ あいうべ体操では、口元を中心とした さまざまな筋肉を鍛えることができますから、多くの効果が得られます。 ①口呼吸の予防・改善 通常、正しい舌の位置は、舌が上あごのくぼみ(硬口蓋:こうこうがい) にピッタリとくっついている状態です。 ところが、舌の筋肉が衰えると舌の位置が下がります。 これにより、下顎が下がって自然にぽかんと口が開きやすくなってしまうのです。