歯ブラシの持ち方・使い方


こんにちは、高崎デンタルクリニックです(*'ω'*)!

今日は歯ブラシの持ち方・使い方についてお話しします。

お口の中の汚れを効果的に取り除くためには、

歯ブラシの持ち方も大切です。

力を入れ過ぎてしまうと歯ブラシが押し付けられ、

毛先が動かず汚れが落ちません。

歯ブラシは鉛筆を持つように(₌ペングリップ)持ちます。

余計な力が入りにくく、小回りがきき、毛の先が動くため

歯にきちんとあてて磨くことが出来ます。

ペングリップが難しい方、ご高齢で握力の低下している方や

片麻痺のある方は、普段から慣れている持ち方でも良いです。

歯ブラシを手のひら全体で握る(⁼パームグリップ)と、

しっかりと持ちやすくなります。

磨く強さは、歯ブラシが歯ぐきに触れても痛くないくらいの

力がベストです。

磨く力が強いと歯ぐきを傷つけてしまう恐れもあります。

特に自分以外の人にブラッシングをする場合は、

力が入りやすくなりますので注意しましょう。

磨く力に注意し、歯と歯ぐきの境目に毛先をしっかりあてて、

歯ブラシの毛先がパラパラと軽やかに動くように

意識して磨きましょう。


15回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

歯石の種類について

こんにちは、高崎デンタルクリニックです^^ 体調など崩されていないでしょうか? コロナに負けないように、しっかり休んで免疫力を高めておきましょう!! お家で映画やゲーム、料理など楽しいことも見つけていきたいですね(^^)/ 今日は歯石の種類についてお話します。 歯石は「歯肉縁上歯石」と「歯肉縁下歯石」の2種類に分類されます。 歯肉縁上歯石は歯肉より上にある歯石で、白色あるいは黄色をしています。 歯

4月の休診日のお知らせ

こんにちは、高崎デンタルクリニックです^^ コロナ時期ではありますが桜は見られましたか? 群馬は風が強いので散るのが早いのが少し寂しいですね('_') 風邪やコロナに負けないように頑張りましょう! 4月の休診日は 4/9(金) 4/23(金) です!!! 何かご不明な点等ありましたらお気軽にお電話ください^^ 027-386-2232 高崎デンタルクリニック

歯石ができるメカニズム

こんにちは、高崎デンタルクリニックです^^ だんだんと春が近づいてきましたね~🌸 満開の桜が待ち遠しいですね(#^^#) 今日は歯石ができる仕組みについてお話しします。 歯石は歯垢が硬くなったものです。 歯に付着した歯垢が取り除かれず放置されると、唾液に含まれるカルシウム成分と 結びつきだんだんと硬くなってきます(石灰化)。 石灰化した歯垢が歯に強く結合することで歯石へと変化していきます。