歯ブラシの持ち方・使い方


こんにちは、高崎デンタルクリニックです(*'ω'*)!

今日は歯ブラシの持ち方・使い方についてお話しします。

お口の中の汚れを効果的に取り除くためには、

歯ブラシの持ち方も大切です。

力を入れ過ぎてしまうと歯ブラシが押し付けられ、

毛先が動かず汚れが落ちません。

歯ブラシは鉛筆を持つように(₌ペングリップ)持ちます。

余計な力が入りにくく、小回りがきき、毛の先が動くため

歯にきちんとあてて磨くことが出来ます。

ペングリップが難しい方、ご高齢で握力の低下している方や

片麻痺のある方は、普段から慣れている持ち方でも良いです。

歯ブラシを手のひら全体で握る(⁼パームグリップ)と、

しっかりと持ちやすくなります。

磨く強さは、歯ブラシが歯ぐきに触れても痛くないくらいの

力がベストです。

磨く力が強いと歯ぐきを傷つけてしまう恐れもあります。

特に自分以外の人にブラッシングをする場合は、

力が入りやすくなりますので注意しましょう。

磨く力に注意し、歯と歯ぐきの境目に毛先をしっかりあてて、

歯ブラシの毛先がパラパラと軽やかに動くように

意識して磨きましょう。


閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは高崎デンタルクリニックです^^ 6月の日曜・木曜・祝日以外の休診日は 10(金) 24(金) となります。 ご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願い致します。 何かございましたら、お気軽にご連絡ください^^ 027-386-2232

こんにちは高崎デンタルクリニックです^^ あいうべ体操では、口元を中心とした さまざまな筋肉を鍛えることができますから、多くの効果が得られます。 ①口呼吸の予防・改善 通常、正しい舌の位置は、舌が上あごのくぼみ(硬口蓋:こうこうがい) にピッタリとくっついている状態です。 ところが、舌の筋肉が衰えると舌の位置が下がります。 これにより、下顎が下がって自然にぽかんと口が開きやすくなってしまうのです。