むし歯予防の主役、フッ素!②


こんにちは、高崎デンタルクリニックです♪

最近また暖かくなったりで、体温調節が難しいですね。

皆さんはインフルエンザの予防接種は受けられましたか??

私はまだなので早く行こうと思います(ToT)💦

今日は前回に引き続き、フッ素についてお話していきたいと思います。

皆さんが毎日使っている歯磨き剤に、フッ素濃度が表示されているのは知っていますか?

これまで日本の歯磨き剤のフッ素濃度は1000ppmが上限とされていました。

しかし、2017年3月に厚生労働省により、国際基準(ISO)と同じ1500ppmを上限として

配合する事が認められました。

実際の製品では、上限である1500ppmを越えないように1450ppmとして製造・販売されています。1450ppmの歯磨き剤は、「高濃度フッ素配合」と表記されていることが多いのですが、それは従来品に比べてという事です。歯科医院でのフッ素塗布は9000ppmなので、それと比べれば低濃度になります。

濃度が表示されていない物もありますが、気になった方は薬局やスーパーなどで

見てみて下さい~(^_-)☆


閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは高崎デンタルクリニックです^^ あいうべ体操では、口元を中心とした さまざまな筋肉を鍛えることができますから、多くの効果が得られます。 ①口呼吸の予防・改善 通常、正しい舌の位置は、舌が上あごのくぼみ(硬口蓋:こうこうがい) にピッタリとくっついている状態です。 ところが、舌の筋肉が衰えると舌の位置が下がります。 これにより、下顎が下がって自然にぽかんと口が開きやすくなってしまうのです。

こんにちは高崎デンタルクリニックです^^ あいうべ体操とは、舌の筋肉(舌筋:ぜっきん)をはじめ、 口元の筋肉が鍛えられる体操です。 口呼吸の改善によってさまざまな効果が得られるほか、 顔のたるみ・しわの改善による美容効果、 脳の血流をアップさせる効果など、多くの効果が得られます。 あいうべ体操は福岡市みらいクリニックの内科医である 今井一彰先生が考案した方法ですが、 お口の中の健康にも大きな効果が