むし歯予防の主役①


こんにちは。高崎デンタルクリニックです(^▽^)

秋になり、過ごしやすい気候になりましたね!

寒暖差もあるので皆さん身体には気を付けて下さいね☆

今日はフッ素についてお話していきたいと思います。

まずフッ素とはどういうものなのでしょうか?

フッ素は元素(F)で、フッ素だけで存在する事はなく、必ず他のものと一緒になって化合物として存在します。正確にはフッ化物と呼びます。

フッ化物は様々なものに含まれていて、水道水、野菜、お肉、水産物などの食品にも含まれます。緑茶の葉はとくに多く、普通の水道水のフッ化物イオン濃度は0.1ppm程度ですが、緑茶の葉は200~400ppmで、飲用のお茶は0.5~2.0ppmくらいなので水と比べてお茶は5倍から20倍前後の濃度になります。もちろん、私たちの体の歯や骨にも含まれています(^о^)✨

フッ素の働きは?

①溶けだしたカルシウムイオンやリン酸イオンを歯に戻す再石灰化を促進します。

歯を修復をしてくれます。

②酸に強い丈夫な結晶にします。

硬くて丈夫な歯を作ってくれます。

③抗菌作用でむし歯菌の増殖を抑制します。

むし歯の活動を抑えて酸を作りにくくし、脱灰を抑制してくれます。

次回もフッ素についてお話していきます(⌒∇⌒)/


8回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

歯石の種類について

こんにちは、高崎デンタルクリニックです^^ 体調など崩されていないでしょうか? コロナに負けないように、しっかり休んで免疫力を高めておきましょう!! お家で映画やゲーム、料理など楽しいことも見つけていきたいですね(^^)/ 今日は歯石の種類についてお話します。 歯石は「歯肉縁上歯石」と「歯肉縁下歯石」の2種類に分類されます。 歯肉縁上歯石は歯肉より上にある歯石で、白色あるいは黄色をしています。 歯

4月の休診日のお知らせ

こんにちは、高崎デンタルクリニックです^^ コロナ時期ではありますが桜は見られましたか? 群馬は風が強いので散るのが早いのが少し寂しいですね('_') 風邪やコロナに負けないように頑張りましょう! 4月の休診日は 4/9(金) 4/23(金) です!!! 何かご不明な点等ありましたらお気軽にお電話ください^^ 027-386-2232 高崎デンタルクリニック

歯石ができるメカニズム

こんにちは、高崎デンタルクリニックです^^ だんだんと春が近づいてきましたね~🌸 満開の桜が待ち遠しいですね(#^^#) 今日は歯石ができる仕組みについてお話しします。 歯石は歯垢が硬くなったものです。 歯に付着した歯垢が取り除かれず放置されると、唾液に含まれるカルシウム成分と 結びつきだんだんと硬くなってきます(石灰化)。 石灰化した歯垢が歯に強く結合することで歯石へと変化していきます。