洗口液①


こんにちは!高崎デンタルクリニックです(^o^)♪

今回も先週に引き続き、洗口液についてご紹介いたします!

テーマは「歯磨き後すぐに使うならこの洗口液!」です。

洗口液を使う前、まず最初に歯の表面についたバイオフィルムを歯ブラシで物理的に壊し取り、

その後に洗口するのが理想的です。

まずは汚れを取って、洗口液が作用しやすい状況を作りましょう!

歯磨きが出来る環境なら・・・

歯の表面やバイオフィルムの表面に付着するタイプの殺菌成分を含んだ洗口液がおススメです!!

作用1:表面に付着して歯周病菌などを攻撃する

作用2:バイオフィルムの再形成を邪魔する

では、洗口液にどのような成分が入っていれば、殺菌作用を発揮するのかご紹介いたします。

グルコン酸クロルヘキシジン(CHG)

セチルピリジニウム塩化物水和物(CPC)

ベンゼト二ウム塩化物(BTC)

これらの成分が入っていると、お口の中に付着して殺菌作用を発揮する性質があります。

バイオフィルム内部に浸透する力はないので、歯磨き後すぐに使いましょう!

購入するときは、これらの成分を見てみてください(^_-)


閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは高崎デンタルクリニックです^^ 6月の日曜・木曜・祝日以外の休診日は 10(金) 24(金) となります。 ご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願い致します。 何かございましたら、お気軽にご連絡ください^^ 027-386-2232

こんにちは高崎デンタルクリニックです^^ あいうべ体操では、口元を中心とした さまざまな筋肉を鍛えることができますから、多くの効果が得られます。 ①口呼吸の予防・改善 通常、正しい舌の位置は、舌が上あごのくぼみ(硬口蓋:こうこうがい) にピッタリとくっついている状態です。 ところが、舌の筋肉が衰えると舌の位置が下がります。 これにより、下顎が下がって自然にぽかんと口が開きやすくなってしまうのです。