お口の4大機能②


こんにちは、高崎デンタルクリニックです^^

お口には、「食べる」「話す」「呼吸する」「表情をつくる」という4つの大きな機能があります。

今日は「話す」「表情をつくる」機能についてお話します。

●『話す』

人とコミュニケーションをする際、会話は必要不可欠なものです。

会話するときに必要なのが、舌・ほほ・唇の運動です。

これらがバランスよく動くことで話すことができます。これらの運動機能は年齢と共に徐々に低下していきます。

足や腕の筋肉がリハビリを必要とするように、お口もその機能を維持するためには適切なリハビリが求められます。

そして、お口の運動機能は食べるときにも必要です。食べる事は話すことの訓練にもなり、また呼吸する訓練にも兼ねています。

●『表情をつくる』

楽しく会話をする際に欠かせないもの、それは「嬉しさ」や「楽しさ」を伝え合う「表情」です。

表情うを作る為には、お口全体の頬などの筋肉がスムーズに動かなくてはなりません。心豊かな生活を送る為には、お口の働きを保つことはとても大切なことなのです。


閲覧数:25回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは高崎デンタルクリニックです^^ 6月の日曜・木曜・祝日以外の休診日は 10(金) 24(金) となります。 ご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願い致します。 何かございましたら、お気軽にご連絡ください^^ 027-386-2232

こんにちは高崎デンタルクリニックです^^ あいうべ体操では、口元を中心とした さまざまな筋肉を鍛えることができますから、多くの効果が得られます。 ①口呼吸の予防・改善 通常、正しい舌の位置は、舌が上あごのくぼみ(硬口蓋:こうこうがい) にピッタリとくっついている状態です。 ところが、舌の筋肉が衰えると舌の位置が下がります。 これにより、下顎が下がって自然にぽかんと口が開きやすくなってしまうのです。