• Facebook Clean
  • Twitter Clean
  • Google+ Clean
© 2017 医療法人社団 彩明会 高崎デンタルクリニック All Rights Reserved.
検索
  • takasakidental

抜歯が必要なのはどんな時?


こんにちは、高崎デンタルクリニックです^^

毎日寒いですね。。

おこたつや、お布団から出るのが憂鬱になりますね"(-""-)"

温かいものを食べて体を温めて、風邪にも注意して下さいね!!

今日はどうしても歯を抜かなければならない時の理由をご説明します^^

理由① 虫歯や歯周病で、治療するには手遅れ。

歯の中に溜まった膿が周りの骨にもおよび、歯の根っこを清掃したり手術をしても救えない虫歯。

歯を支える骨が修理不可能なほど壊れている、歯周病になった歯。

理由② 隣の歯や周りの骨に悪影響がある。

症状が重くなった歯を残すと周りの歯や骨に悪影響がある時。横向きに隣の歯を押す親知らずや、大きく縦に割れた歯などは、そのまましておくと被害が周囲に拡大してしまいます。

理由③ 炎症の根元原因を除去するために。

むし歯や歯周病の炎症が原因で、口や顎の骨さらに全身に影響が及ぶとき。

治療しても繰り返し腫れる場合などに、炎症の原因を取り去るための最終手段として行います。

理由④ 矯正や入れ歯などの治療のために。

矯正、入れ歯や被せ物、インプラントなどで治療の結果がより安定し、いい状態が長く持つように慎重に計画した上で選択します。

このように抜く目的があり、抜くことによってお口の健康を保つ事が出来ます。

何かわからないことがあれば何でもご相談ください^^

お待ちしております☺♪


53回の閲覧