歯ブラシ選びの3つのポイント


こんにちは、高崎デンタルクリニックです^^

今日は歯ブラシを選ぶ3つのポイントについてお話します☆

歯ブラシを選ぶポイントは、

①大きさ

歯ブラシの植毛部分(ヘッド)の大きさは、中指の第一関節、もしくは上の前歯二本分の大きさを目安にすると良いでしょう。

ヘッドが大きすぎると、奥歯や細かい部分に毛先が当たりにくく磨き残しができやすくなります。

②かたさ

歯ブラシには、「かため」「ふつう」「やわらかめ」がありますが、一般的におススメなのは

「ふつう」タイプです。

ただし、歯茎が弱かったり歯肉炎で出血しやすいという人は、歯肉を傷つけにくい「やわらかめ」を使ってじっくり丁寧に磨くようにしましょう。

③毛の素材

歯ブラシの毛の材質にもいろいろありますが、おススメなのは一般的に多く使われている透明なナイロン素材のものです。

動物の毛のものもありますが、動物の毛はタンパク質で出来ている為、口腔内細菌が付着しやすく不潔になりがちで、乾きにくいのも難点です。

このように3つのポイントに注意して自分にあった歯ブラシを選びましょう!!

当院でも歯ブラシを販売していますので、歯ブラシ選びに迷われている方は遠慮なくご相談くださいね^^


閲覧数:22回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは高崎デンタルクリニックです^^ 入れ歯についた食べかすを流水で取り除いただけでは、 入れ歯に歯垢が残ってしまい、お手入れが不十分になってしまいがちです。 入れ歯を磨く際は、入れ歯をよく観察して、磨き残しがないよう 丁寧にお手入れをしましょう。 入れ歯のお手入れの理想は、毎食後にお口から外して行うことです。 お口を清潔な状態に保つためのも、食後はできるだけ 入れ歯を外して洗いましょう。 ◎

こんにちは高崎デンタルクリニックです^^ ●口内炎の予防や、口腔粘膜を安静に保つために、 入れ歯ははずして就寝しましょう。 特に小さい入れ歯は誤嚥する危険があるので 注意が必要です。 ●必ず流水で洗ってから保管します。 入れ歯用専用ブラシがなければ、 一般の歯ブラシでも十分役に立ちます。 歯磨き粉は使用してはいけません。 ●就寝時は義歯全体がきっちりと浸かるような 十分な水または洗浄液に浸しておき

こんにちは高崎デンタルクリニックです^^ 7月の日曜・木曜・祝日以外の休診日は 8(金) 22(金) となります。 ご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願い致します。 何かございましたら、お気軽にご連絡ください^^ 027-386-2232