歯ブラシ選びの3つのポイント


こんにちは、高崎デンタルクリニックです^^

今日は歯ブラシを選ぶ3つのポイントについてお話します☆

歯ブラシを選ぶポイントは、

①大きさ

歯ブラシの植毛部分(ヘッド)の大きさは、中指の第一関節、もしくは上の前歯二本分の大きさを目安にすると良いでしょう。

ヘッドが大きすぎると、奥歯や細かい部分に毛先が当たりにくく磨き残しができやすくなります。

②かたさ

歯ブラシには、「かため」「ふつう」「やわらかめ」がありますが、一般的におススメなのは

「ふつう」タイプです。

ただし、歯茎が弱かったり歯肉炎で出血しやすいという人は、歯肉を傷つけにくい「やわらかめ」を使ってじっくり丁寧に磨くようにしましょう。

③毛の素材

歯ブラシの毛の材質にもいろいろありますが、おススメなのは一般的に多く使われている透明なナイロン素材のものです。

動物の毛のものもありますが、動物の毛はタンパク質で出来ている為、口腔内細菌が付着しやすく不潔になりがちで、乾きにくいのも難点です。

このように3つのポイントに注意して自分にあった歯ブラシを選びましょう!!

当院でも歯ブラシを販売していますので、歯ブラシ選びに迷われている方は遠慮なくご相談くださいね^^


21回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

歯石の種類について

こんにちは、高崎デンタルクリニックです^^ 体調など崩されていないでしょうか? コロナに負けないように、しっかり休んで免疫力を高めておきましょう!! お家で映画やゲーム、料理など楽しいことも見つけていきたいですね(^^)/ 今日は歯石の種類についてお話します。 歯石は「歯肉縁上歯石」と「歯肉縁下歯石」の2種類に分類されます。 歯肉縁上歯石は歯肉より上にある歯石で、白色あるいは黄色をしています。 歯

4月の休診日のお知らせ

こんにちは、高崎デンタルクリニックです^^ コロナ時期ではありますが桜は見られましたか? 群馬は風が強いので散るのが早いのが少し寂しいですね('_') 風邪やコロナに負けないように頑張りましょう! 4月の休診日は 4/9(金) 4/23(金) です!!! 何かご不明な点等ありましたらお気軽にお電話ください^^ 027-386-2232 高崎デンタルクリニック

歯石ができるメカニズム

こんにちは、高崎デンタルクリニックです^^ だんだんと春が近づいてきましたね~🌸 満開の桜が待ち遠しいですね(#^^#) 今日は歯石ができる仕組みについてお話しします。 歯石は歯垢が硬くなったものです。 歯に付着した歯垢が取り除かれず放置されると、唾液に含まれるカルシウム成分と 結びつきだんだんと硬くなってきます(石灰化)。 石灰化した歯垢が歯に強く結合することで歯石へと変化していきます。