舌苔とは?


こんにちは、高崎デンタルクリニックです^^

最近は少し肌寒いような心地いいような、秋らしい天気ですね(^^♪

季節の変わり目なので体調を崩さないようにしましょう!!!

「舌が白く汚れている」と感じたことはありませんか?

下の表面は、健康な時にはピンク色をしていますが、疲れた時や新陳代謝が上手に出来ないときなどは、舌に白く色が付くことがあります。

舌の表面に見られる白い付着物は「舌苔(ぜったい)」と呼ばれます。

舌苔とは、細菌、唾液の成分、お口に残った食べかすの集合体です。

ある程度の舌苔が付着しているのは普通の事ですが、あまりに多量の舌苔があるようなら

要注意です。多量の舌苔は、味覚の低下を引き起こして食事が楽しめなくなったり、

口臭のな発生源になることもあります。

美味しく食べ物を感じられなくなるなんて本当に嫌ですよね…

より美味しく食べ物を感じるためにも、日ごろからの舌苔のお手入れはとても大切になるのです。

次回は舌のケア方法についてお話いたします(^^)/


閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは高崎デンタルクリニックです^^ 6月の日曜・木曜・祝日以外の休診日は 10(金) 24(金) となります。 ご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願い致します。 何かございましたら、お気軽にご連絡ください^^ 027-386-2232

こんにちは高崎デンタルクリニックです^^ あいうべ体操では、口元を中心とした さまざまな筋肉を鍛えることができますから、多くの効果が得られます。 ①口呼吸の予防・改善 通常、正しい舌の位置は、舌が上あごのくぼみ(硬口蓋:こうこうがい) にピッタリとくっついている状態です。 ところが、舌の筋肉が衰えると舌の位置が下がります。 これにより、下顎が下がって自然にぽかんと口が開きやすくなってしまうのです。