歯間ブラシの保管方法と交換時期


こんにちは、高崎デンタルクリニックです^^

昨日は「土用の丑の日」でしたね☆★

皆さん、ウナギは食べましたか?

今年は7月25日、8月6日と2日間あるそうです(^^)/

暑さでバテ始めている体をスタミナ食を食べて元気に乗り切りましょうね!!

さて、今日は歯間ブラシの保管方法と交換時期についてお話します★

歯間ブラシは使い捨てではありませんので使用後は歯ブラシ同様、流水でしっかりと洗い、

よく水を切って保管しましょう。

風通しのよい場所でしっかり乾燥させると、歯間ブラシ自体に雑菌が繁殖しにくくなります。

歯間ブラシは使用していると植毛部分が曲がったり、毛が乱れてきます。

それが交換時期のサインです。

使っているうちにワイヤー部分の金属が折れやすくなるため、長くても1カ月ごとの交換をおすすめします。使い方によっては2週間ほどで金属が劣化し折れやすくなり、歯と歯の間に残ってしまうこともあります。

効率よく汚れを落とすためにも、適宜新しいものに取り替えましょう。

3週にわたり歯間ブラシについてお話させていただきました(^^♪

分からないことがあれば、当院のスタッフに何でもお聞きくださいね♬


2,004回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

歯石の種類について

こんにちは、高崎デンタルクリニックです^^ 体調など崩されていないでしょうか? コロナに負けないように、しっかり休んで免疫力を高めておきましょう!! お家で映画やゲーム、料理など楽しいことも見つけていきたいですね(^^)/ 今日は歯石の種類についてお話します。 歯石は「歯肉縁上歯石」と「歯肉縁下歯石」の2種類に分類されます。 歯肉縁上歯石は歯肉より上にある歯石で、白色あるいは黄色をしています。 歯

4月の休診日のお知らせ

こんにちは、高崎デンタルクリニックです^^ コロナ時期ではありますが桜は見られましたか? 群馬は風が強いので散るのが早いのが少し寂しいですね('_') 風邪やコロナに負けないように頑張りましょう! 4月の休診日は 4/9(金) 4/23(金) です!!! 何かご不明な点等ありましたらお気軽にお電話ください^^ 027-386-2232 高崎デンタルクリニック

歯石ができるメカニズム

こんにちは、高崎デンタルクリニックです^^ だんだんと春が近づいてきましたね~🌸 満開の桜が待ち遠しいですね(#^^#) 今日は歯石ができる仕組みについてお話しします。 歯石は歯垢が硬くなったものです。 歯に付着した歯垢が取り除かれず放置されると、唾液に含まれるカルシウム成分と 結びつきだんだんと硬くなってきます(石灰化)。 石灰化した歯垢が歯に強く結合することで歯石へと変化していきます。