歯間ブラシの保管方法と交換時期


こんにちは、高崎デンタルクリニックです^^

昨日は「土用の丑の日」でしたね☆★

皆さん、ウナギは食べましたか?

今年は7月25日、8月6日と2日間あるそうです(^^)/

暑さでバテ始めている体をスタミナ食を食べて元気に乗り切りましょうね!!

さて、今日は歯間ブラシの保管方法と交換時期についてお話します★

歯間ブラシは使い捨てではありませんので使用後は歯ブラシ同様、流水でしっかりと洗い、

よく水を切って保管しましょう。

風通しのよい場所でしっかり乾燥させると、歯間ブラシ自体に雑菌が繁殖しにくくなります。

歯間ブラシは使用していると植毛部分が曲がったり、毛が乱れてきます。

それが交換時期のサインです。

使っているうちにワイヤー部分の金属が折れやすくなるため、長くても1カ月ごとの交換をおすすめします。使い方によっては2週間ほどで金属が劣化し折れやすくなり、歯と歯の間に残ってしまうこともあります。

効率よく汚れを落とすためにも、適宜新しいものに取り替えましょう。

3週にわたり歯間ブラシについてお話させていただきました(^^♪

分からないことがあれば、当院のスタッフに何でもお聞きくださいね♬


閲覧数:2,205回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは高崎デンタルクリニックです^^ 6月の日曜・木曜・祝日以外の休診日は 10(金) 24(金) となります。 ご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願い致します。 何かございましたら、お気軽にご連絡ください^^ 027-386-2232

こんにちは高崎デンタルクリニックです^^ あいうべ体操では、口元を中心とした さまざまな筋肉を鍛えることができますから、多くの効果が得られます。 ①口呼吸の予防・改善 通常、正しい舌の位置は、舌が上あごのくぼみ(硬口蓋:こうこうがい) にピッタリとくっついている状態です。 ところが、舌の筋肉が衰えると舌の位置が下がります。 これにより、下顎が下がって自然にぽかんと口が開きやすくなってしまうのです。