検索
  • takasakidental

歯ブラシの正しい使い方


こんにちは、高崎デンタルクリニックです^^

皆さん、3連休はいかがでしたか?

レジャー等お出かけされた方もいれば、お家でのんびりされた方も多いのではないでしょうか?☆

さて、今日は歯間ブラシの正しい使い方についてお話します。

歯間ブラシの使い方は、それほど難しくありませんが、使い方を誤ると歯茎を傷つける恐れが

ありますので注意しましょう♪

【①歯と歯の間に隙間に合うサイズの歯間ブラシを選ぶ】

サイズが大きすぎたり小さいすぎたりしてしまうと、汚れを取り除けないばかりか

歯茎を傷つけつけてしまうことがあります。

歯間ブラシは、隙間にあわせて使用できるよう、様々なサイズのものがありますので

ご自分に合ったサイズのものを購入するようにしましょう(^^)/

歯間ブラシを選ぶ一つの目安として、歯と歯の間に入れたときに抵抗感なく動かせるサイズのものだと良いでしょう。

初めて歯間ブラシを使用する方は小さいサイズのものから試してみることをおススメします☆彡

【②歯茎を傷つけないように歯間ブラシをゆっくり歯と歯の間に入れる】

歯間ブラシの植毛部分には金属のワイヤーが使われていますので、ワイヤーの先端を

歯茎に向けて入れてしまわないように気をつけましょう。

【③左右の歯の表面に沿って当たるように動かす】

奥歯に沿って使用する場合は歯の内側と外側の両側から使用するとより効果的に

汚れが取り除けます。

次回は、歯間ブラシの保管方法と交換時期についてお話したいと思います☆★


71回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

お口からはじめる感染予防

こんにちは!高崎デンタルクリニックです(^o^) 新型コロナウイルスが収束するにはまだまだ時間がかかりそうですね。 皆さんも気を付けてください(><)💦 今日はお口からはじめる感染症対策のお話をしていきます。 感染症の対策としては、 手洗い・うがい・マスクの装着、 そして栄養と休息などの体調管理ですよね。 これらに加え、防御力を増していくには、 実は歯みがきが大事なのです! 現在の研究で、危険な

診療前のガラガラうがい・検温のご協力をお願いします。

こんにちは!高崎デンタルクリニックです(^o^) 新型コロナウイルスの感染拡大の中、 当院では院内の消毒・換気・フェイスガードを 徹底して感染予防に取り組んでいます。 歯科は歯を削る機械や歯面の清掃の機械など エアロゾルが発生しやすい医療分野です。 無症状の患者さんが来院する可能性がゼロではないことを念頭に、 患者さん全員にポピドンヨード液などを使ったガラガラうがいを 診療前にしていただくよう呼び

1月の休診日のお知らせ

こんにちは、高崎デンタルクリニックです^^ 皆さま、新年あけましておめでとうございます。 今年もまた一年宜しくお願い致します。 コロナの影響もあり外出ができなく引きこもりがちだと思いますが 体調は大丈夫ですか? ゆっくり過ごせたでしょうか?!(^^)! 適度に運動や生活習慣を整えたいですね^^ 1月の休診日のお知らせです。 1/15(金)29日(金) となりますので宜しくお願い致します!!

  • Facebook Clean
  • Twitter Clean
  • Google+ Clean
© 2017 医療法人社団 彩明会 高崎デンタルクリニック All Rights Reserved.