むし歯になりやすいところ


こんにちは、高崎デンタルクリニックです^^

梅雨時期のジメジメした感じがすごく嫌ですよね、、

でも梅雨があけたらすぐ夏ですね☀

みなさんは、夏のご予定は立てられましたか??

海、BBQ、プールに楽しみがたくさんありますね♪

今日はお口の中で特に汚れやすい場所と磨き方をご紹介しますね!(^^)!

まず一つ目は、‟歯と歯肉の境目”

この部分は歯ブラシを45度に当てて磨きましょう。

この時に注意する事は、ゴシゴシ力強く磨かない事です!!!

ブラシの先が広がらない程度の力加減で磨きます。

力強く磨いてしまうと、歯や歯肉を傷つけてしみたりする原因になります。

二つ目は、‟歯と歯の間”

この部分はデンタルフロスを使いましょう!!!

三つ目は、‟奥歯の溝”

奥歯を磨くときは、頬側・嚙む面・舌側

3面に分けて磨きましょう♪

汚れが溜まりやすい場所=虫歯の出来やすい場所

となるので、しっかり汚れを落としていきましょう^^

磨き方がわからない場合はいつでも私たちにご相談下さい★☆


閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは高崎デンタルクリニックです^^ 6月の日曜・木曜・祝日以外の休診日は 10(金) 24(金) となります。 ご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願い致します。 何かございましたら、お気軽にご連絡ください^^ 027-386-2232

こんにちは高崎デンタルクリニックです^^ あいうべ体操では、口元を中心とした さまざまな筋肉を鍛えることができますから、多くの効果が得られます。 ①口呼吸の予防・改善 通常、正しい舌の位置は、舌が上あごのくぼみ(硬口蓋:こうこうがい) にピッタリとくっついている状態です。 ところが、舌の筋肉が衰えると舌の位置が下がります。 これにより、下顎が下がって自然にぽかんと口が開きやすくなってしまうのです。