むし歯予防には何が効果的なの?~フッ素編~


むし歯予防には、規則正しい食生活と歯みがき、歯の質を強くするフッ化物の利用、歯の定期的な健康診断(むし歯、歯並び、正しいみがき方のチェック)、キシリトールの効果的な利用などが重要です。ただし、虫歯になる原因は人それぞれ違いますので、歯科医院で自分に合った予防方法を相談しましょう。

フッ素って何?っと思った方沢山いらっしゃいますよね^^

フッ素(フッ化物)には酸に溶けにくい強い歯をつくる働きがあり、世界各国で虫歯予防に利用されています。

フッ素が歯の表面のエナメル質に取り込まれることで、主成分であるハイドロキシアパタイトの構造がよりしっかりと安定します。これによって歯の質が丈夫になり、酸に溶けにくい強い歯が作られていきます。特に生えたばかりの歯は、たくさんのフッ素を取り込みやすい性質がありますので、子供のうちからフッ素による予防を心掛けるといいでしょう。

当院では、フッ化物を直接歯の表面に塗る【フッ化物歯面塗布】を行っております。効果を高めるためにも、定期的にフッ素塗布を繰り返すことをおススメします。

ぜひ、虫歯予防のお手伝いさせて下さい(^^♪


24回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

お口からはじめる感染予防

こんにちは!高崎デンタルクリニックです(^o^) 新型コロナウイルスが収束するにはまだまだ時間がかかりそうですね。 皆さんも気を付けてください(><)💦 今日はお口からはじめる感染症対策のお話をしていきます。 感染症の対策としては、 手洗い・うがい・マスクの装着、 そして栄養と休息などの体調管理ですよね。 これらに加え、防御力を増していくには、 実は歯みがきが大事なのです! 現在の研究で、危険な

診療前のガラガラうがい・検温のご協力をお願いします。

こんにちは!高崎デンタルクリニックです(^o^) 新型コロナウイルスの感染拡大の中、 当院では院内の消毒・換気・フェイスガードを 徹底して感染予防に取り組んでいます。 歯科は歯を削る機械や歯面の清掃の機械など エアロゾルが発生しやすい医療分野です。 無症状の患者さんが来院する可能性がゼロではないことを念頭に、 患者さん全員にポピドンヨード液などを使ったガラガラうがいを 診療前にしていただくよう呼び

1月の休診日のお知らせ

こんにちは、高崎デンタルクリニックです^^ 皆さま、新年あけましておめでとうございます。 今年もまた一年宜しくお願い致します。 コロナの影響もあり外出ができなく引きこもりがちだと思いますが 体調は大丈夫ですか? ゆっくり過ごせたでしょうか?!(^^)! 適度に運動や生活習慣を整えたいですね^^ 1月の休診日のお知らせです。 1/15(金)29日(金) となりますので宜しくお願い致します!!

  • Facebook Clean
  • Twitter Clean
  • Google+ Clean
© 2017 医療法人社団 彩明会 高崎デンタルクリニック All Rights Reserved.