むし歯予防には何が効果的なの?~フッ素編~


むし歯予防には、規則正しい食生活と歯みがき、歯の質を強くするフッ化物の利用、歯の定期的な健康診断(むし歯、歯並び、正しいみがき方のチェック)、キシリトールの効果的な利用などが重要です。ただし、虫歯になる原因は人それぞれ違いますので、歯科医院で自分に合った予防方法を相談しましょう。

フッ素って何?っと思った方沢山いらっしゃいますよね^^

フッ素(フッ化物)には酸に溶けにくい強い歯をつくる働きがあり、世界各国で虫歯予防に利用されています。

フッ素が歯の表面のエナメル質に取り込まれることで、主成分であるハイドロキシアパタイトの構造がよりしっかりと安定します。これによって歯の質が丈夫になり、酸に溶けにくい強い歯が作られていきます。特に生えたばかりの歯は、たくさんのフッ素を取り込みやすい性質がありますので、子供のうちからフッ素による予防を心掛けるといいでしょう。

当院では、フッ化物を直接歯の表面に塗る【フッ化物歯面塗布】を行っております。効果を高めるためにも、定期的にフッ素塗布を繰り返すことをおススメします。

ぜひ、虫歯予防のお手伝いさせて下さい(^^♪


閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは高崎デンタルクリニックです^^ あいうべ体操では、口元を中心とした さまざまな筋肉を鍛えることができますから、多くの効果が得られます。 ①口呼吸の予防・改善 通常、正しい舌の位置は、舌が上あごのくぼみ(硬口蓋:こうこうがい) にピッタリとくっついている状態です。 ところが、舌の筋肉が衰えると舌の位置が下がります。 これにより、下顎が下がって自然にぽかんと口が開きやすくなってしまうのです。

こんにちは高崎デンタルクリニックです^^ あいうべ体操とは、舌の筋肉(舌筋:ぜっきん)をはじめ、 口元の筋肉が鍛えられる体操です。 口呼吸の改善によってさまざまな効果が得られるほか、 顔のたるみ・しわの改善による美容効果、 脳の血流をアップさせる効果など、多くの効果が得られます。 あいうべ体操は福岡市みらいクリニックの内科医である 今井一彰先生が考案した方法ですが、 お口の中の健康にも大きな効果が