親知らず


高崎デンタルクリニックです。

今回は親知らずと呼ばれる8番目の歯について話します。

歯は上下合わせて32本あります。本当かどうかはわかりませんが現代人は顎の骨が退化したせいで、親知らずの生えてくるスペースが無くなってしまっているとの事です。

親知らずというと抜かないと駄目?というイメージが強いかと思います。

賛否両論はあると思いますが、以下完全な個人的な見解です。

親知らずと抜いたほうが良いケース

・完全に歯がはえてなく、汚れが溜まりやすい。

・噛み合わせに関与していない。

・真っ直ぐ歯が生えていない。

・はえてくる事により、歯が押されて歯並びが悪くなる。

親知らずを抜かなくても良いケース

・きちんと歯がはえていて、噛みあわせにも関与している。

・歯ブラシがきちんと行き届く。

・完全に骨の中に埋もれている場合。

親知らずの抜歯というと「痛い」「腫れる」というイメージが強いですが、それは骨の硬い下あごのケースがほとんどです。上あごの場合は骨も柔らかい為、抜くのも簡単で腫れや痛みがでる事は稀です。

#親知らず抜歯歯医者

閲覧数:31回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは高崎デンタルクリニックです^^ 6月の日曜・木曜・祝日以外の休診日は 10(金) 24(金) となります。 ご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願い致します。 何かございましたら、お気軽にご連絡ください^^ 027-386-2232

こんにちは高崎デンタルクリニックです^^ あいうべ体操では、口元を中心とした さまざまな筋肉を鍛えることができますから、多くの効果が得られます。 ①口呼吸の予防・改善 通常、正しい舌の位置は、舌が上あごのくぼみ(硬口蓋:こうこうがい) にピッタリとくっついている状態です。 ところが、舌の筋肉が衰えると舌の位置が下がります。 これにより、下顎が下がって自然にぽかんと口が開きやすくなってしまうのです。