親知らず


高崎デンタルクリニックです。

今回は親知らずと呼ばれる8番目の歯について話します。

歯は上下合わせて32本あります。本当かどうかはわかりませんが現代人は顎の骨が退化したせいで、親知らずの生えてくるスペースが無くなってしまっているとの事です。

親知らずというと抜かないと駄目?というイメージが強いかと思います。

賛否両論はあると思いますが、以下完全な個人的な見解です。

親知らずと抜いたほうが良いケース

・完全に歯がはえてなく、汚れが溜まりやすい。

・噛み合わせに関与していない。

・真っ直ぐ歯が生えていない。

・はえてくる事により、歯が押されて歯並びが悪くなる。

親知らずを抜かなくても良いケース

・きちんと歯がはえていて、噛みあわせにも関与している。

・歯ブラシがきちんと行き届く。

・完全に骨の中に埋もれている場合。

親知らずの抜歯というと「痛い」「腫れる」というイメージが強いですが、それは骨の硬い下あごのケースがほとんどです。上あごの場合は骨も柔らかい為、抜くのも簡単で腫れや痛みがでる事は稀です。

#親知らず抜歯歯医者

31回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ブクブクうがいの正しい方法

こんにちは、高崎デンタルクリニックです^^ 効果的に汚れを取り除き、お口全体を保湿するためのブクブクうがいは 次のような手順で行いましょう。 お口の乾燥がひどくみられる方にはお水の代わりに、マウスウォッシュを使うとお口の保湿がより効果的に行えます。 ①お水をお口に含む ②左側の頬を膨らませ、3~4回ブクブクと動かす ③右側の頬を膨らませ、3~4回ブクブクと動かす ④鼻の下、上唇と歯茎の間を膨らませ