歯がグラグラすると抜かないとダメ?


高崎デンタルクリニックです、今回は歯がグラグラになってしまった場合のお話です。

あきらめてはいけません。

もう完全に歯を支える骨が無くなってしまってる場合は仕方ありませんが、

歯周治療をする事により、改善する可能性もあります。

また他の歯と連結する事によってその揺れを最小限に食い止め

十分機能させる事も出来る可能性があります。

歯を抜くか抜かないかの判断は難しいです。

もちろんご本人が決めることですが。

僕が歯を抜歯するにあたり以下のような事を考えています。

・口腔内全体を診たとき鍵となる歯かどうか

(ブリッジなどで繋ぐ場合や抜くと入れ歯やインプラントの選択しかなくなる場合など)

・その歯を残す事によるデメリット

(隣の歯に悪影響を及ぼしてしまう場合があります。)

・全く機能しておらず、残さないほうが逆に良く噛める。

これらの事を説明した上で、患者さんと相談して決めていきます。

抜いてしまったたら、もう元には戻りません。

だったら最後の悪あがきをしてみるのもありかもしれません。

ただし最初に述べたように、支えている骨が無い場合は治療による改善が厳しいので

抜歯を勧めますが・・・

#歯がグラグラ歯周治療

閲覧数:922回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは高崎デンタルクリニックです^^ あいうべ体操では、口元を中心とした さまざまな筋肉を鍛えることができますから、多くの効果が得られます。 ①口呼吸の予防・改善 通常、正しい舌の位置は、舌が上あごのくぼみ(硬口蓋:こうこうがい) にピッタリとくっついている状態です。 ところが、舌の筋肉が衰えると舌の位置が下がります。 これにより、下顎が下がって自然にぽかんと口が開きやすくなってしまうのです。

こんにちは高崎デンタルクリニックです^^ あいうべ体操とは、舌の筋肉(舌筋:ぜっきん)をはじめ、 口元の筋肉が鍛えられる体操です。 口呼吸の改善によってさまざまな効果が得られるほか、 顔のたるみ・しわの改善による美容効果、 脳の血流をアップさせる効果など、多くの効果が得られます。 あいうべ体操は福岡市みらいクリニックの内科医である 今井一彰先生が考案した方法ですが、 お口の中の健康にも大きな効果が