top of page
  • jokumura

食べる機能の成長は正しい「食べる姿勢」から②

こんにちは高崎デンタルクリニックです^^



前回、正しい「食べる姿勢」のポイントをお伝えしましたが、

今回は、なぜ「正しい姿勢」が大事なのかお話しいたします^^




◎あごが上がっていない


飲み込むときにあごが上がっていると、食べ物が気管に入りやすくなります。

これは大人になり、高齢になってお口の機能が弱ってきた場合

誤嚥や窒息のリスクとなります。


正しい食べ方を身につけておくと将来的にも役立ちます。




◎背筋が伸びている


猫背でからだが前に傾いているときと、まっすぐ背筋を伸ばした状態では、

どちらが食べやすいでしょうか。

前傾姿勢では、お口周りの筋肉が動かしにくいと感じるはずです。


一方、背筋が伸びた良い姿勢だと、体幹が安定するので、

お口周りの筋肉や顎をリズミカルに動かしやすくなります。


つまり前歯で噛み切って奥歯でしっかり咀嚼するという、

理想的なお口の動かし方がしやすくなるのです。

閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは高崎デンタルクリニックです^^ ◎足の裏が床についている 何かを飲み込むとき、足の裏を地面につけて飲み込むのと、 足の裏がブラブラと地面についていない状態で飲み込むのと、 どちらが飲み込みやすいでしょうか。 足の裏が地面についている方が、飲み込みやすいですよね。 飲み込むときは、1回息が止まり、気管が広がって食道が開きます。 一瞬の緊張状態にあるわけで、そのため踏ん張れると飲み込みやすい

こんにちは高崎デンタルクリニックです^^ 12月の休診日は、木曜・日曜・祝日の他 2(金) 16(金) となります。 また、年末年始は 12/29(木)~1/5(木)まで お休みとさせていただきます。 ご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願い致します。 何かございましたら、お気軽にご連絡ください^^ 027-386-2232

bottom of page