誤嚥性肺炎の予防について

こんにちは高崎デンタルクリニックです^^



誤嚥してしまう理由は、加齢により舌や口、

喉の筋肉が衰えて、飲み込む力が弱まってしまったためです。


誤嚥性肺炎を予防するためには、お口の中の細菌の量を

減らすことと、お口の機能を鍛えることが重要です。




《口腔内を清潔に保つ》


口腔内には多くの細菌が常在しており、

それらが気管や肺に入り込んで繁殖することで

誤嚥性肺炎を引き起こしてしまいます。


うがいや歯磨きをしっかり行い、口腔内の細菌の繁殖を

防ぐことが大切です。




《顔周りや舌の筋肉を鍛える》


顔周りや舌の筋肉が衰えることで飲み込む力が弱くなり、

誤嚥のリスクが高くなります。


日頃から顔周りをマッサージして動かしておくことや、

舌や頬の運動をして筋肉が衰えないようにすることが大切です。



閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは高崎デンタルクリニックです^^ 6月の日曜・木曜・祝日以外の休診日は 10(金) 24(金) となります。 ご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願い致します。 何かございましたら、お気軽にご連絡ください^^ 027-386-2232

こんにちは高崎デンタルクリニックです^^ あいうべ体操では、口元を中心とした さまざまな筋肉を鍛えることができますから、多くの効果が得られます。 ①口呼吸の予防・改善 通常、正しい舌の位置は、舌が上あごのくぼみ(硬口蓋:こうこうがい) にピッタリとくっついている状態です。 ところが、舌の筋肉が衰えると舌の位置が下がります。 これにより、下顎が下がって自然にぽかんと口が開きやすくなってしまうのです。