• jokumura

誤嚥性肺炎について


こんにちは、高崎デンタルクリニックです^^



皆さん、誤嚥性肺炎ってご存じですか?


70歳以上の肺炎患者の7割以上は誤嚥性肺炎です。

高齢者にもたいへん身近な病気です。


そこで今回は誤嚥性肺炎のリスクを減らして、健康な日々を過ごすために

役立つ口腔ケアについてお話します。



誤嚥性肺炎は、食道から胃へ向かうはずの食べ物や唾液などが気道内に入ってしまうことで

引き起こされる肺炎です。



高齢になると喉の筋肉が衰え、嚥下機能が低下し、

誤嚥を起こしやすくなります。



誤嚥性肺炎を予防するには「口腔ケア」を続けることが重要です。



口腔ケアには、

器質的口腔ケア

機能的口腔ケア があります。



器質的口腔ケアは「お口の中をお掃除して清潔に保つ」ためのケアです。

歯茎や舌、頬の内側などの汚れにも細菌が多く繁殖しているため、

お口の中にある肺炎の原因菌を減らせます。



機能的口腔ケアは「お口の機能を回復させ、維持、向上する」ためのケアです。

食べ物やだ液がうまく飲み込めるようになる他、円滑なコミュニケーションにも

つながります。



機能的口腔ケアの代表例が「嚥下体操」と「パタカラ体操」です。



この体操には首や肩周辺の筋肉をストレッチして、

体の緊張を緩め動きやすくする効果があります。



食べるとむせたり、うまく飲み込めないといった症状がある方は

嚥下障害の可能性があります。



また、ご家族にご高齢の方がいて歯医者さんへの通院が困難な場合は

訪問歯科診療を受けてみてはいかがでしょうか。

閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは高崎デンタルクリニックです^^ 入れ歯についた食べかすを流水で取り除いただけでは、 入れ歯に歯垢が残ってしまい、お手入れが不十分になってしまいがちです。 入れ歯を磨く際は、入れ歯をよく観察して、磨き残しがないよう 丁寧にお手入れをしましょう。 入れ歯のお手入れの理想は、毎食後にお口から外して行うことです。 お口を清潔な状態に保つためのも、食後はできるだけ 入れ歯を外して洗いましょう。 ◎

こんにちは高崎デンタルクリニックです^^ ●口内炎の予防や、口腔粘膜を安静に保つために、 入れ歯ははずして就寝しましょう。 特に小さい入れ歯は誤嚥する危険があるので 注意が必要です。 ●必ず流水で洗ってから保管します。 入れ歯用専用ブラシがなければ、 一般の歯ブラシでも十分役に立ちます。 歯磨き粉は使用してはいけません。 ●就寝時は義歯全体がきっちりと浸かるような 十分な水または洗浄液に浸しておき

こんにちは高崎デンタルクリニックです^^ 7月の日曜・木曜・祝日以外の休診日は 8(金) 22(金) となります。 ご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願い致します。 何かございましたら、お気軽にご連絡ください^^ 027-386-2232