• jokumura

詰め物や周りの歯について


こんにちは、高崎デンタルクリニックです^^


今日は少し肌寒いですがお天気もよくて気持ちいいですね♪

コロナに負けずに風邪など引かないようにしましょう!!!



今日は詰め物や周りの歯についてお伝えします。


どんなに上手な治療でも毎日噛んで使っていればいつかは壊れます。

傷んだ詰め物を放っておくとトラブルのもとです。



あなたのお口でこんなことが起きていませんか?



・割とよく詰め物が取れる→夜中に歯ぎしりをしたり噛む力の強い方は詰め物の周りの歯質が傷みやすく詰め物が取れやすいです。就寝中のマウスガードの使用をおススメします。



・詰め物が取れて反対側で食べている?

そのまま放置していると偏った力が片方の歯に集中してかかります。

そのため反対側の歯にトラブルが拡大することがあります。

放置せず治療を受けましょう。



・詰め物の下に虫歯ができた?

詰め物と歯の間に段差ができたり隙間ができるとプラークがたまり虫歯菌が入り込みます。

他の詰め物の下も大丈夫か歯科医院で調べてもらいましょう!!




※メンテナンスに通い詰め物や詰め物の周りの歯が傷んでいないか

定期的に診てもらいましょう!(^^)!



閲覧数:31回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは高崎デンタルクリニックです^^ あいうべ体操では、口元を中心とした さまざまな筋肉を鍛えることができますから、多くの効果が得られます。 ①口呼吸の予防・改善 通常、正しい舌の位置は、舌が上あごのくぼみ(硬口蓋:こうこうがい) にピッタリとくっついている状態です。 ところが、舌の筋肉が衰えると舌の位置が下がります。 これにより、下顎が下がって自然にぽかんと口が開きやすくなってしまうのです。

こんにちは高崎デンタルクリニックです^^ あいうべ体操とは、舌の筋肉(舌筋:ぜっきん)をはじめ、 口元の筋肉が鍛えられる体操です。 口呼吸の改善によってさまざまな効果が得られるほか、 顔のたるみ・しわの改善による美容効果、 脳の血流をアップさせる効果など、多くの効果が得られます。 あいうべ体操は福岡市みらいクリニックの内科医である 今井一彰先生が考案した方法ですが、 お口の中の健康にも大きな効果が