• jokumura

緑茶の効果を知ろう!!



こんにちは、高崎デンタルクリニックです^^




緑茶の効果を知って、むし歯や口臭予防しよう!


今日は緑茶が持つさまざまな効果から、歯に関わるミニ知識をご紹介します。



皆さんは「緑茶がインフルエンザを予防する」といった話をお聞きになったことありますか?


それは緑茶に含まれるポリフェノールの一種「カテキン」の持つ作用のおかげ。


カテキンは非常に強い抗菌や殺菌作用を持っているため、インフルエンザウイルスなどの侵入を阻害します。

近年ではさらに、むし歯予防の効果があることも確認されています。



むし歯は、お口の中のむし歯病原菌「ミュータンス菌」などが歯の表面に付着(歯垢を成形)し、エナメル質を溶かすことで起こります。


カテキンは、このミュータンス菌の動きを抑制し、増殖防ぎ、さらに歯垢を合成する酵素の働きを阻害します。

カテキンの消臭作用で、口臭を軽減する効果もあります。


また緑茶の葉には、むし歯予防に有効な成分「フッ素」も豊富に含まれています。



いかがですか?

私たち日本人にとってなじみの深い緑茶!!

緑茶を飲んで予防に努め、歯科医院での定期的な歯の検診でお口の健康を守っていきましょう!!

閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは高崎デンタルクリニックです^^ 6月の日曜・木曜・祝日以外の休診日は 10(金) 24(金) となります。 ご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願い致します。 何かございましたら、お気軽にご連絡ください^^ 027-386-2232

こんにちは高崎デンタルクリニックです^^ あいうべ体操では、口元を中心とした さまざまな筋肉を鍛えることができますから、多くの効果が得られます。 ①口呼吸の予防・改善 通常、正しい舌の位置は、舌が上あごのくぼみ(硬口蓋:こうこうがい) にピッタリとくっついている状態です。 ところが、舌の筋肉が衰えると舌の位置が下がります。 これにより、下顎が下がって自然にぽかんと口が開きやすくなってしまうのです。