知覚過敏について

こんにちは!

高崎デンタルクリニックです(^^)



虫歯ではないのに冷たいものがしみるようになったりしたことがありませんか?


歯ブラシの毛先が触れたり、風にあたっただけで

痛みを感じたりすることもあります。


それは知覚過敏症です。


原因としては…

過度な歯磨きや歯ぎしり、歯周病や加齢により

歯の根元の部分の象牙質が露出して起こります。


象牙質には神経につながる無数の穴が空いているため、

象牙質の穴を通して、痛みが神経に伝わり痛みを感じるようになります。


刺激がないときには痛みを感じないため、一過性のものになります。


まず知覚過敏症にならないようにするために…

適切なブラッシングを行うことが大切になります。

不安がある場合には歯磨きの仕方など指導を受けたり、

また歯の表面を強くする歯磨き剤を積極的に取り入れてみてください。


症状が改善されない場合は、歯科医院にご相談ください。


閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは高崎デンタルクリニックです^^ 6月の日曜・木曜・祝日以外の休診日は 10(金) 24(金) となります。 ご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願い致します。 何かございましたら、お気軽にご連絡ください^^ 027-386-2232

こんにちは高崎デンタルクリニックです^^ あいうべ体操では、口元を中心とした さまざまな筋肉を鍛えることができますから、多くの効果が得られます。 ①口呼吸の予防・改善 通常、正しい舌の位置は、舌が上あごのくぼみ(硬口蓋:こうこうがい) にピッタリとくっついている状態です。 ところが、舌の筋肉が衰えると舌の位置が下がります。 これにより、下顎が下がって自然にぽかんと口が開きやすくなってしまうのです。