• jokumura

痛くない仕上げ磨きのコツについて


こんにちは、高崎デンタルクリニックです^^


梅雨に入りましたね。。ジメジメの湿気が私は苦手です(;_;)/~~~

でも過ごしやすい気温なのはいいことですね^^



では、今日は痛くない仕上げ磨きのコツをお伝えします。


お子さんに嫌がられない仕上げ磨きのコツは毛先の動きをよく見ながら磨くこと!

唇と頬を上手によけ確認しながら磨けるテクをマスターしましょう!!



▶上の歯・・・指で唇をよけます。

上唇小帯を指で保護して歯ブラシをあてます。

歯ブラシは歯とほぼ直角にあてます。

磨き残しやすい歯と歯茎の境目もきれいに!



▶奥歯の内側・・・45度の角度で歯ブラシをあてましょう。



▶噛み合わせ面・・・勢いあまって奥に突っ込まないよう小刻みに動かしてください。



▶下の前歯・・・上の歯同様、指で唇をよけて磨きます。



▶奥歯の側面・・・口を大きく開けすぎずポカンとしてもらうのがコツです。



歯ブラシの持ち方は?

ペンを持つように持ちます。歯ブラシを細かくコントロールしやすく

ごしごし磨きになりにくい持ち方です。



次回は、小児のむし歯になりやすい場所についてお伝えしますね♪



閲覧数:26回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは高崎デンタルクリニックです^^ あいうべ体操では、口元を中心とした さまざまな筋肉を鍛えることができますから、多くの効果が得られます。 ①口呼吸の予防・改善 通常、正しい舌の位置は、舌が上あごのくぼみ(硬口蓋:こうこうがい) にピッタリとくっついている状態です。 ところが、舌の筋肉が衰えると舌の位置が下がります。 これにより、下顎が下がって自然にぽかんと口が開きやすくなってしまうのです。

こんにちは高崎デンタルクリニックです^^ あいうべ体操とは、舌の筋肉(舌筋:ぜっきん)をはじめ、 口元の筋肉が鍛えられる体操です。 口呼吸の改善によってさまざまな効果が得られるほか、 顔のたるみ・しわの改善による美容効果、 脳の血流をアップさせる効果など、多くの効果が得られます。 あいうべ体操は福岡市みらいクリニックの内科医である 今井一彰先生が考案した方法ですが、 お口の中の健康にも大きな効果が