• jokumura

歯石ができるメカニズム


こんにちは、高崎デンタルクリニックです^^



だんだんと春が近づいてきましたね~🌸

満開の桜が待ち遠しいですね(#^^#)



今日は歯石ができる仕組みについてお話しします。


歯石は歯垢が硬くなったものです。

歯に付着した歯垢が取り除かれず放置されると、唾液に含まれるカルシウム成分と

結びつきだんだんと硬くなってきます(石灰化)。



石灰化した歯垢が歯に強く結合することで歯石へと変化していきます。

閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは高崎デンタルクリニックです^^ 6月の日曜・木曜・祝日以外の休診日は 10(金) 24(金) となります。 ご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願い致します。 何かございましたら、お気軽にご連絡ください^^ 027-386-2232

こんにちは高崎デンタルクリニックです^^ あいうべ体操では、口元を中心とした さまざまな筋肉を鍛えることができますから、多くの効果が得られます。 ①口呼吸の予防・改善 通常、正しい舌の位置は、舌が上あごのくぼみ(硬口蓋:こうこうがい) にピッタリとくっついている状態です。 ところが、舌の筋肉が衰えると舌の位置が下がります。 これにより、下顎が下がって自然にぽかんと口が開きやすくなってしまうのです。