• jokumura

歯ブラシの使い分け


こんにちは!高崎デンタルクリニックです(^o^)



皆さんは今どのような歯ブラシをお使いですか?



歯にべったりとつくプラークは、むし歯や歯周病の原因ですが、

これが成熟して歯にしつこくくっつくまでには、約18時間かかるといわれています。

つまり、「一日一回きれいにとることができれば大丈夫」ということなんです。


しかし、一日分のプラークを一回の歯磨きでしっかり取り除くのは大変ですよね!


そこで、歯みがきを一日トータルで考え、

朝、昼、夜に歯ブラシの使い分けをおすすめします。



使い分ける歯ブラシはこの2タイプ!

ラウンド加工の歯ブラシと②テーパード加工の歯ブラシ


ラウンド加工(スタンダードな歯ブラシ。丸くカットされた毛先。)

歯の広い面や、かみ合わせ面の効率の良いお掃除が得意。


テーパード加工(しなやか毛質で毛の先端が細く長くなっている。)

狭いところや段差、へこみのあるところに毛先を届かせやすい。



朝:朝の忙しい時間はラウンド加工の歯ブラシでざっくりと歯面全体を磨きましょう。

昼:仕事や授業の合間にささっと食事をすませ、テーパード加工の歯ブラシで歯間をサッと     磨きましょう。歯に挟まったものもきれいにとれます。

夜:就寝前のリラックスタイムにはラウンドとテーパードの両方を使って丁寧な歯みがきを!フッ素配合の歯みがき剤も一緒に使ってください。

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは高崎デンタルクリニックです^^ 6月の日曜・木曜・祝日以外の休診日は 10(金) 24(金) となります。 ご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願い致します。 何かございましたら、お気軽にご連絡ください^^ 027-386-2232

こんにちは高崎デンタルクリニックです^^ あいうべ体操では、口元を中心とした さまざまな筋肉を鍛えることができますから、多くの効果が得られます。 ①口呼吸の予防・改善 通常、正しい舌の位置は、舌が上あごのくぼみ(硬口蓋:こうこうがい) にピッタリとくっついている状態です。 ところが、舌の筋肉が衰えると舌の位置が下がります。 これにより、下顎が下がって自然にぽかんと口が開きやすくなってしまうのです。