• jokumura

歯の根の治療 ラバーダム②



こんにちは!高崎デンタルクリニックです(^o^)



前回では歯の根の治療時使用する、お口に被せるゴムのシート(ラバーダム)の

お話しをさせていただきました。

今日はそのラバーダムが治療にどう必要で、役立つのかお話ししていきます。



ラバーダムのメリット

・術野の明示

・器具の誤嚥

・防湿(唾液からの細菌の侵入を防ぐ


デメリット

口呼吸の方は使用できない

ラテックスアレルギーの方は使用できない

・歯にかける金具が痛いことがある(この場合麻酔をさせていただきます。)



歯の根の治療で大事なのは、細菌を根管の中から可能な限り取り除くことです。

感染を止め、痛みをとるには細菌感染により死んだ神経を除去し、

汚染された根管を洗浄・消毒・充填・封鎖をしなくてはなりません。



細菌が入ってくる一番のルートは唾液です。

ですから、根管を掃除しているときや、根管に詰め物をしているときに、

唾液が侵入すると、細菌で新たに汚染されてしまいます。

そうした事態を防ぐのがゴムのシート、ラバーダムの役割になります。


閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは高崎デンタルクリニックです^^ あいうべ体操では、口元を中心とした さまざまな筋肉を鍛えることができますから、多くの効果が得られます。 ①口呼吸の予防・改善 通常、正しい舌の位置は、舌が上あごのくぼみ(硬口蓋:こうこうがい) にピッタリとくっついている状態です。 ところが、舌の筋肉が衰えると舌の位置が下がります。 これにより、下顎が下がって自然にぽかんと口が開きやすくなってしまうのです。

こんにちは高崎デンタルクリニックです^^ あいうべ体操とは、舌の筋肉(舌筋:ぜっきん)をはじめ、 口元の筋肉が鍛えられる体操です。 口呼吸の改善によってさまざまな効果が得られるほか、 顔のたるみ・しわの改善による美容効果、 脳の血流をアップさせる効果など、多くの効果が得られます。 あいうべ体操は福岡市みらいクリニックの内科医である 今井一彰先生が考案した方法ですが、 お口の中の健康にも大きな効果が