歯の根の治療 ラバーダム②



こんにちは!高崎デンタルクリニックです(^o^)



前回では歯の根の治療時使用する、お口に被せるゴムのシート(ラバーダム)の

お話しをさせていただきました。

今日はそのラバーダムが治療にどう必要で、役立つのかお話ししていきます。



ラバーダムのメリット

・術野の明示

・器具の誤嚥

・防湿(唾液からの細菌の侵入を防ぐ


デメリット

口呼吸の方は使用できない

ラテックスアレルギーの方は使用できない

・歯にかける金具が痛いことがある(この場合麻酔をさせていただきます。)



歯の根の治療で大事なのは、細菌を根管の中から可能な限り取り除くことです。

感染を止め、痛みをとるには細菌感染により死んだ神経を除去し、

汚染された根管を洗浄・消毒・充填・封鎖をしなくてはなりません。



細菌が入ってくる一番のルートは唾液です。

ですから、根管を掃除しているときや、根管に詰め物をしているときに、

唾液が侵入すると、細菌で新たに汚染されてしまいます。

そうした事態を防ぐのがゴムのシート、ラバーダムの役割になります。


14回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ブクブクうがいの正しい方法

こんにちは、高崎デンタルクリニックです^^ 効果的に汚れを取り除き、お口全体を保湿するためのブクブクうがいは 次のような手順で行いましょう。 お口の乾燥がひどくみられる方にはお水の代わりに、マウスウォッシュを使うとお口の保湿がより効果的に行えます。 ①お水をお口に含む ②左側の頬を膨らませ、3~4回ブクブクと動かす ③右側の頬を膨らませ、3~4回ブクブクと動かす ④鼻の下、上唇と歯茎の間を膨らませ