• jokumura

子供の歯肉炎について



こんにちは、高崎デンタルクリニックです^^


群馬もほとんど、梅雨入りしてしまいましたね(;_;)/~~~

蒸し蒸しどんよりですが、気分は晴れ!!でいきましょう!(笑)


夏に向けて体力も溜めて、、、✊✊

コロナに負けないように頑張りましょう!




今回は、お子さんに多い歯肉炎についてお話ししていきます。


お子さんのむし歯予防のために、お口の中をチェックすることがあっても、

歯ぐきのチェックまでは…という保護者さんも多いのではないでしょうか?



歯肉炎は特別な病気ではなく、磨き残しなどによる歯と歯ぐきの境目の歯垢(プラーク)が

原因で起こる歯ぐきの炎症です。



歯みがき不足が原因なので、しっかりと磨いて取り除けばすぐに治るので

ご安心ください。



プラークは歯にくっつく白い細菌の塊で、この細菌が歯ぐきの炎症を起こします。



・お子さんの歯ぐきが薄いピンク色ではなく赤色になっている。

・歯間部分がプクプクと腫れている。

・食事や歯みがきなどで出血する。


といった場合には歯肉炎の可能性がありますので、歯科医院を受診しましょう(^^)/



お子様の検診もできますのでいつでもご連絡ください☆

027-386-2232

閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは高崎デンタルクリニックです^^ 6月の日曜・木曜・祝日以外の休診日は 10(金) 24(金) となります。 ご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願い致します。 何かございましたら、お気軽にご連絡ください^^ 027-386-2232

こんにちは高崎デンタルクリニックです^^ あいうべ体操では、口元を中心とした さまざまな筋肉を鍛えることができますから、多くの効果が得られます。 ①口呼吸の予防・改善 通常、正しい舌の位置は、舌が上あごのくぼみ(硬口蓋:こうこうがい) にピッタリとくっついている状態です。 ところが、舌の筋肉が衰えると舌の位置が下がります。 これにより、下顎が下がって自然にぽかんと口が開きやすくなってしまうのです。