• jokumura

子供の歯肉炎について



こんにちは、高崎デンタルクリニックです^^


群馬もほとんど、梅雨入りしてしまいましたね(;_;)/~~~

蒸し蒸しどんよりですが、気分は晴れ!!でいきましょう!(笑)


夏に向けて体力も溜めて、、、✊✊

コロナに負けないように頑張りましょう!




今回は、お子さんに多い歯肉炎についてお話ししていきます。


お子さんのむし歯予防のために、お口の中をチェックすることがあっても、

歯ぐきのチェックまでは…という保護者さんも多いのではないでしょうか?



歯肉炎は特別な病気ではなく、磨き残しなどによる歯と歯ぐきの境目の歯垢(プラーク)が

原因で起こる歯ぐきの炎症です。



歯みがき不足が原因なので、しっかりと磨いて取り除けばすぐに治るので

ご安心ください。



プラークは歯にくっつく白い細菌の塊で、この細菌が歯ぐきの炎症を起こします。



・お子さんの歯ぐきが薄いピンク色ではなく赤色になっている。

・歯間部分がプクプクと腫れている。

・食事や歯みがきなどで出血する。


といった場合には歯肉炎の可能性がありますので、歯科医院を受診しましょう(^^)/



お子様の検診もできますのでいつでもご連絡ください☆

027-386-2232

10回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

歯の根の治療 ラバーダム②

こんにちは!高崎デンタルクリニックです(^o^) 前回では歯の根の治療時使用する、お口に被せるゴムのシート(ラバーダム)の お話しをさせていただきました。 今日はそのラバーダムが治療にどう必要で、役立つのかお話ししていきます。 ラバーダムのメリット ・術野の明示 ・器具の誤嚥 ・防湿(唾液からの細菌の侵入を防ぐ) デメリット ・口呼吸の方は使用できない ・ラテックスアレルギーの方は使用できない ・

歯の根の治療 ラバーダム①

こんにちは、高崎デンタルクリニックです(^o^) 皆さんは、歯の根っこの治療を受けるときに ゴムのシートをお口に被せられたことはありますか? あれは一体何なのか? と思っている方もいらっしゃるとおもいます。 あの緑や青のゴムのシートはラバーダムといって、 治療している歯への唾液の流入を防ぐためにつけます。 歯の根っこの治療は、根管内から細菌を取り除くことと、 根管内から細菌を入れないことが大切です