妊婦さんと歯周病

こんにちは高崎デンタルクリニックです^^



歯周病に罹患した妊婦では、

早産および低体重児出産へのリスクが増加します。

また、妊娠高血圧症候群のリスクにも繋がることがあります。


妊娠中は、女性ホルモンが増加することにより、

歯周病原因菌が繁殖しやすくなります。

歯周病になると、体内の自分を守ろうとする細胞から、

出産のサインになる物質が過剰に作られるため、

早産や低体重児出産のように、

泰治や出産に悪影響を与える可能性があります。


歯周病を予防するためにはプラークコントロールが重要ですが、

つわりがひどくて歯磨きができない場合は、

無理をせずに歯周病を防ぐことができる、次のような

対策がおすすめです。



●体調が良いときにしっかり歯を磨く

歯ブラシを口に入れると気分が悪くなるという人は、

子供用の小さな歯ブラシを使うことで軽減されるほか、

歯磨剤のにおいが苦手な方は、何もつけずに磨く

ノンペーストブラッシングがおすすめです。



●水分をしっかり摂る

お口の中が乾燥していると、歯周病の原因となる

細菌が繁殖しやすくなるため、こまめに水分を摂りましょう。



●ガムを噛む

唾液線が刺激されて唾液の分泌が促されます。



●歯医者で歯石を除去してもらう

定期的に歯科を受診し、歯垢や歯石を除去してもらうことで

確実に歯周病を予防することができます。



閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは高崎デンタルクリニックです^^ 12月の休診日は、木曜・日曜・祝日の他 2(金) 16(金) となります。 また、年末年始は 12/29(木)~1/5(木)まで お休みとさせていただきます。 ご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願い致します。 何かございましたら、お気軽にご連絡ください^^ 027-386-2232