• jokumura

口腔がんのリスク


こんにちは、高崎デンタルクリニックです^^


おうち時間は楽しめていますか?

5月に入りお天気が良くお出かけもしたい気持ちもわかりますが。。

今は我慢ですね(;_;)/~~~

早く世界からコロナが収束することを願うばかりですね!!!



では、今日は口腔癌のリスクのあるお口や習慣についてお伝えします。


口腔がんは舌やお口の粘膜に慣性的な刺激が加わっているところにできやすいといわれとぃます。



刺激の原因について


1.むし歯

 重度のむし歯が絶えず当たる粘膜が口腔癌になったという報告もあります。


2.合わなくなった被せモノや入れ歯

 常に舌や粘膜にぶつかっていたり、入れ歯が歯茎を傷めていることも要注意!


3.傾いた歯・欠けてとがった歯

 唇の裏側、舌粘膜にぶつかり慢性的な刺激になります。


4.お口の癖

 唇や舌を噛んでしまうなどのお口の癖も粘膜を繰り返し傷つける原因に。


5.歯周病

 歯周病による歯茎の炎症はお口の粘膜への慢性的な刺激となります。


その他、お酒とたばこビタミン不足や栄養の偏り等、生活習慣にも注意が必要です!



「刺激の原因」は放置せずに早めに歯科で治療してもらいましょう!!!

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは高崎デンタルクリニックです^^ あいうべ体操では、口元を中心とした さまざまな筋肉を鍛えることができますから、多くの効果が得られます。 ①口呼吸の予防・改善 通常、正しい舌の位置は、舌が上あごのくぼみ(硬口蓋:こうこうがい) にピッタリとくっついている状態です。 ところが、舌の筋肉が衰えると舌の位置が下がります。 これにより、下顎が下がって自然にぽかんと口が開きやすくなってしまうのです。

こんにちは高崎デンタルクリニックです^^ あいうべ体操とは、舌の筋肉(舌筋:ぜっきん)をはじめ、 口元の筋肉が鍛えられる体操です。 口呼吸の改善によってさまざまな効果が得られるほか、 顔のたるみ・しわの改善による美容効果、 脳の血流をアップさせる効果など、多くの効果が得られます。 あいうべ体操は福岡市みらいクリニックの内科医である 今井一彰先生が考案した方法ですが、 お口の中の健康にも大きな効果が