口元の筋肉を鍛える「あいうべ」体操とは?

こんにちは高崎デンタルクリニックです^^




あいうべ体操とは、舌の筋肉(舌筋:ぜっきん)をはじめ、

口元の筋肉が鍛えられる体操です。

口呼吸の改善によってさまざまな効果が得られるほか、

顔のたるみ・しわの改善による美容効果、

脳の血流をアップさせる効果など、多くの効果が得られます。


あいうべ体操は福岡市みらいクリニックの内科医である

今井一彰先生が考案した方法ですが、

お口の中の健康にも大きな効果が得られることから、

最近では多くの歯科医が推奨しています、

毎日の口腔ケアの一環として、ぜひ取り入れてみてください。




◎あいうべ体操のやり方◎


あいうべ体操は、「あ~」「い~」「う~」「べ~」と

口を動かすだけの簡単な体操です。

声は出しても出さなくてもかまいません。

大きく口を動かし、ゆっくりと行うのがポイントです。



①「あ~」と口を大きく開け、1秒キープします。


②「い~」と思い切り横に口を広げます。これも1秒キープします。


③「う~」と唇をとがらせて、大きく前に突き出し、1秒キープします。


⓸「べ~」と舌を出します。前に出すのではなく、

顎先に向かて伸ばすような感じで行いましょう。これも1秒キープします。



①~⓸を10回繰り返します。

10回を1セットとし、1日に3セット行うと効果的でしょう。

行うタイミングは入浴中や就寝前がおすすめです。


※痛みのある方は出来る範囲で行いましょう。



閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは高崎デンタルクリニックです^^ 6月の日曜・木曜・祝日以外の休診日は 10(金) 24(金) となります。 ご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願い致します。 何かございましたら、お気軽にご連絡ください^^ 027-386-2232

こんにちは高崎デンタルクリニックです^^ あいうべ体操では、口元を中心とした さまざまな筋肉を鍛えることができますから、多くの効果が得られます。 ①口呼吸の予防・改善 通常、正しい舌の位置は、舌が上あごのくぼみ(硬口蓋:こうこうがい) にピッタリとくっついている状態です。 ところが、舌の筋肉が衰えると舌の位置が下がります。 これにより、下顎が下がって自然にぽかんと口が開きやすくなってしまうのです。