入れ歯にも歯石が付く!?

こんにちは高崎デンタルクリニックです^^




入れ歯は本物の歯ではないのでむし歯になることはありませんし、

歯周病になって歯が抜けることもありません。

けれども、入れ歯にも歯垢がたまったり、歯石ができることはあります。



一般的な入れ歯はレジンというプラスチック素材でできています。

プラスチックには吸水性があるため、水分を吸い込むときに

細菌も一緒に吸い込むことで、細菌の塊である歯垢が付着しやすくなります。


入れ歯に付着する歯垢は「デンチャープラーク」と呼ばれ、

放っておくと歯石になります。



歯石が入れ歯についてしまうと、自分で取り除くことは困難です。

無理に取ろうとして入れ歯に傷を付けてしまうと、

さらにデンチャープラークが付着しやすくなって、歯石の原因となります。


歯石が付いてしまった場合には、必ず歯科医師や歯科衛生士に

相談しましょう。



入れ歯の歯石を予防するためには、毎日のお手入れが欠かせません。

1日に1回は必ず入れ歯専用ブラシを使って水洗いして、

汚れをしっかり落としましょう!


閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは高崎デンタルクリニックです^^ 12月の休診日は、木曜・日曜・祝日の他 2(金) 16(金) となります。 また、年末年始は 12/29(木)~1/5(木)まで お休みとさせていただきます。 ご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願い致します。 何かございましたら、お気軽にご連絡ください^^ 027-386-2232