• jokumura

タバコのお口への害①

こんにちは!高崎デンタルクリニックです(^o^)


今日はタバコについてお話していきますね。

皆さんはタバコは身体に悪いと知っていますが、

思っている以上にタバコには害があります。



~ニコチンの作用で発症・悪化に気付きにくい~


タバコは色々な点で歯周病を悪化させ、歯周病に気付きにくいです。

歯ぐきの中には毛細血管が張り巡らされていて、

血流にのって酸素や栄養が運ばれています。

しかし、タバコを吸っているとニコチンや一酸化炭素などの作用で

歯ぐきの毛細血管が収縮し、歯ぐきへの血流が減少します。

そうなると、歯ぐきが腫れにくくなったり、出血もしにくくなります。

『腫れていない、出血もしないから大丈夫!』と思っていても、

内部ではじわじわと歯周病が進行しているのです!!

とてもこわいですよね😲

なので、患者さんが自覚した時には悪化してしまっていることが多いのです。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは高崎デンタルクリニックです^^ あいうべ体操では、口元を中心とした さまざまな筋肉を鍛えることができますから、多くの効果が得られます。 ①口呼吸の予防・改善 通常、正しい舌の位置は、舌が上あごのくぼみ(硬口蓋:こうこうがい) にピッタリとくっついている状態です。 ところが、舌の筋肉が衰えると舌の位置が下がります。 これにより、下顎が下がって自然にぽかんと口が開きやすくなってしまうのです。

こんにちは高崎デンタルクリニックです^^ あいうべ体操とは、舌の筋肉(舌筋:ぜっきん)をはじめ、 口元の筋肉が鍛えられる体操です。 口呼吸の改善によってさまざまな効果が得られるほか、 顔のたるみ・しわの改善による美容効果、 脳の血流をアップさせる効果など、多くの効果が得られます。 あいうべ体操は福岡市みらいクリニックの内科医である 今井一彰先生が考案した方法ですが、 お口の中の健康にも大きな効果が