グラグラしている歯があったら?

こんにちは!高崎デンタルクリニックです^^



歯が動くように感じたときには、歯周病の症状が進行している恐れがあります。


そのままにしておくとさらに悪化し、歯が抜けてしまうこともありますので、

適切なケアや治療を行い、歯の健康を保つよう心がけましょう。


歯科医師・歯科衛生士への早めのご相談をおすすめします。




~グラグラしている歯の磨き方~


歯がグラグラしている時は、グラグラしている歯に、

歯ブラシを持っていないほうの指をあてて、

グラグラしている歯が動かないようにして磨くと、痛みも少なく磨きやすくなります。


グラグラしている歯は痛みを伴うことが多く、出血することも多いため

ケアが難しい場合には無理に行わず、歯科医師・歯科衛生士の指示に従いましょう。





閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは高崎デンタルクリニックです^^ 6月の日曜・木曜・祝日以外の休診日は 10(金) 24(金) となります。 ご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願い致します。 何かございましたら、お気軽にご連絡ください^^ 027-386-2232

こんにちは高崎デンタルクリニックです^^ あいうべ体操では、口元を中心とした さまざまな筋肉を鍛えることができますから、多くの効果が得られます。 ①口呼吸の予防・改善 通常、正しい舌の位置は、舌が上あごのくぼみ(硬口蓋:こうこうがい) にピッタリとくっついている状態です。 ところが、舌の筋肉が衰えると舌の位置が下がります。 これにより、下顎が下がって自然にぽかんと口が開きやすくなってしまうのです。