オーラルケア間違っていませんか?

こんにちは高崎デンタルクリニックです^^




毎日人それぞれではありますが、

一生懸命お口のケアをしているのに

効果を実感することができないと思ったことはありませんか?


また、オーラルケアグッズの機能を十分に引き出せていない

もったいない使い方をしているかもしれません。


そうならないためにも、ポイントを押さえた

ケアの仕方を身につけていきましょう!



歯磨きをしていて血が出てくるのは、

細菌により炎症が起きているところからの血です。


炎症の原因である細菌を減らすには、

まず歯磨き。

しっかり磨いてあげることが大切です。



炎症が起きている場所は

擦りむいた傷口のようになっているので、

歯ブラシが当たった軽い刺激でも出血してしまいます。


炎症が治まるには、細菌を減らさないといけないため、

歯ブラシをしっかり当てて磨かないとダメなんです。


細菌が減って炎症が治まれば、出血も自然と減っていきます。



季節の変わり目、新しい生活などで身体も疲れがちになります。

お口のケアを怠ってしまうと、

炎症など起こることもありますので…

毎日のケアを忘れずに…!



閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは高崎デンタルクリニックです^^ 6月の日曜・木曜・祝日以外の休診日は 10(金) 24(金) となります。 ご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願い致します。 何かございましたら、お気軽にご連絡ください^^ 027-386-2232

こんにちは高崎デンタルクリニックです^^ あいうべ体操では、口元を中心とした さまざまな筋肉を鍛えることができますから、多くの効果が得られます。 ①口呼吸の予防・改善 通常、正しい舌の位置は、舌が上あごのくぼみ(硬口蓋:こうこうがい) にピッタリとくっついている状態です。 ところが、舌の筋肉が衰えると舌の位置が下がります。 これにより、下顎が下がって自然にぽかんと口が開きやすくなってしまうのです。