• jokumura

お口の保湿


こんにちは、高崎デンタルクリニックです^^


今日はお口の保湿についてお伝えします。



お口が乾燥していると、食べたり飲んだりしにくくなるばかりか

口臭が目立つ、声がかすれて話しにくくなる、痰の切れが悪くなるなど、

お口の機能が全体的に低下します。


口腔乾燥がひどい場合には、次の方法で十分な保湿を心がけましょう。



【お口の保湿】

●保湿剤などの使用

唾液の代わりにお口に潤いを与える


●唾液線マッサージ

唾液の分泌を促す


●嚥下体操

舌の体操やパタカラ体操で唾液の分泌を促す


●ぶくぶくうがい




【水分の蒸発を少なくする】

●マスクの利用

口呼吸してしまう方のお口の水分の蒸発を防ぐ


●湿度の調整

お部屋の乾燥を防ぐ




【その他の要因を探る】

●薬の副作用の軽減

医科の主治医と相談をし、薬の変更などを行う


●全身状態の確認

体調の変化や全身の状態が乾燥となってお口に現れることがある




閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは高崎デンタルクリニックです^^ あいうべ体操では、口元を中心とした さまざまな筋肉を鍛えることができますから、多くの効果が得られます。 ①口呼吸の予防・改善 通常、正しい舌の位置は、舌が上あごのくぼみ(硬口蓋:こうこうがい) にピッタリとくっついている状態です。 ところが、舌の筋肉が衰えると舌の位置が下がります。 これにより、下顎が下がって自然にぽかんと口が開きやすくなってしまうのです。

こんにちは高崎デンタルクリニックです^^ あいうべ体操とは、舌の筋肉(舌筋:ぜっきん)をはじめ、 口元の筋肉が鍛えられる体操です。 口呼吸の改善によってさまざまな効果が得られるほか、 顔のたるみ・しわの改善による美容効果、 脳の血流をアップさせる効果など、多くの効果が得られます。 あいうべ体操は福岡市みらいクリニックの内科医である 今井一彰先生が考案した方法ですが、 お口の中の健康にも大きな効果が