• jokumura

お口の乾きは万病の元??



こんにちは、高崎デンタルクリニックです^^



今、マスク生活で口呼吸になってしまい、お口の乾燥が気になる人が増えているようです。

お口の乾燥は、むし歯をはじめ体の健康にも大きく影響するため、今回は唾液についてお話ししたいと思います。


まずは、唾液の働きについてご紹介いたします。


1.抗菌作用

2.自浄作用

3.潤滑作用

4.緩衝作用

5.再石灰化作用

6.消化作用

7.味覚作用


このように唾液には多くの働きがあり、お口や体の健康に貢献しています。

唾液の減少による口腔内の乾燥は会話や食事がしづらくなるなど、日常生活にも支障をきたすようになります。



唾液をたくさん出す方法としては、よく噛んで食べること。

咀嚼回数を増やすと唾液の分泌も増えます。


唾液腺マッサージや舌のストレッチなども効果的です。



閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは高崎デンタルクリニックです^^ 6月の日曜・木曜・祝日以外の休診日は 10(金) 24(金) となります。 ご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願い致します。 何かございましたら、お気軽にご連絡ください^^ 027-386-2232

こんにちは高崎デンタルクリニックです^^ あいうべ体操では、口元を中心とした さまざまな筋肉を鍛えることができますから、多くの効果が得られます。 ①口呼吸の予防・改善 通常、正しい舌の位置は、舌が上あごのくぼみ(硬口蓋:こうこうがい) にピッタリとくっついている状態です。 ところが、舌の筋肉が衰えると舌の位置が下がります。 これにより、下顎が下がって自然にぽかんと口が開きやすくなってしまうのです。